ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メガスター初体験

帰国して数日後、東京の日本科学未来館でメガスターの投影を見てきました。

帰国する前から色々話を聞いて、絶対見てみたかったメガスター!
未来館には、開館前からメガスター目当てに長蛇の列が出来ていました。
やや出遅れた私たちは、ぎりぎりこの日の投影が見れる位置でした。
メガスターの整理券はあっという間に売り切れ、私たちより5~10分遅れ(それでも開館前)で到着した人は、整理券が取れなかった人も多いと思います。
私たちも、早い時間の投影は売り切れで見ることが出来ず、結局午後3時の最終投影の整理券を手に入れました。
今やメガスター人気はすごいことになってるんですねぇ。
私たちが行った日は、日本科学未来館の友の会員デーで祝日だったということも、
混んだ要因だとは思いますが。

整理券はなぜか開館し、未来館に入るという時点になって配布開始。
なぜ開館前、並んでいる時に整理券を配ってしまわないのかと疑問に思いました。

トムコルソさん「あ、ダメなのそーゆーところ、ここは。前も手際悪くて不親切だったし。」

せっかく立派な施設なので、メガスター関連のサービスも向上してくれることを願います。

さて、私は新たに友の会員に登録し、連れて行ってくれたトムコルソさんは更新手続き。
これで、1年間会費1000円で未来館に入り放題です。

さて、メガスターは午後3時から。
時間がたっぷりあるわけで・・・。(なんせ開館前から並んでいた)
ちょっと館内をブラブラ。
トムコルソさんはメガスターを開発した大平さんの特別講演会に出るため、途中で別行動に。
講演会は、未来館の一室で行われました。
余計暇になるわけで。
帰国後の疲れもあって、あまり館内を一人で動き回る気力も無く・・・。
と、言うわけで、しばらくクッションでぼけぇ~としていました。
それから、ちょっとうろついたり・・・。

特別講演会が終了したあたりでトムコルソさんを迎えに行き、合流。
メガスターが投影される部屋の前でまたしても列に並ぶ。
30分以上前だというのに、もう列が出来ている・・・。
うーむ、どこに行っても並ばなくてはいけないのね。

開場すると、トムコルソさんお勧めの席を2人で占領。
メガスター、ちっちゃくて可愛いかったです。
本当にちっちゃいですねー、あれ!!
プラネタリウムと言えば、でっかい「鉄アレイ(by大平さん)」がぐるんぐるん回っているのを
思い出すわけですが。
メガスターは形状もタマゴみたいで、「キテレツ大百科」のコロ助みたい。
と、トムコルソさんに言ったところ、苦笑い・・・(アンチ・コロ助派)

さて、投影開始!!
会場が小さいのもあって、星が目の前!!
そしてやはり星の数が半端じゃない!!

「うわぁ~」と、口がポカーンとなりました。
こんな星空、見たことないっ!!(「現代じゃありえない星空」なので当たり前ですが・・・)

・・・ただ、見たことのない星空なので・・・現実味が無いんです。
私の頭は、これが「星空」と認識出来ない状態。
「コノ、クラヤミでキラキラしてんの何ダ?」っていう類人猿状態。
星がありすぎて、数えるほどしかない「私が知っている星座」も探すことはできないわけで。
なんだか、物足りなぃ。

ホシゾラだけど、私の知っている星空じゃない。
見て、心が震える、スキー場の、冬の新潟県新井市(現妙高市?)のあの星空じゃない。
そんなものを期待していたこのメガスターど素人の私が悪いんですけどね。

それでもメガスターのホシゾラはすごくすごく綺麗でしたしね!!
「見れない星空」が見れるっていうのがすごい!
ホシが、近い。ホシが、多い。

そんな星に癒されたのか(?)、あっちゅー間に夢の世界へ・・・。(本当に夢も見た)
半分以上眠っていました。
途中、トムコルソさんに顔を覗かれてびっくりする(起きたばっかりの時に・・・)。
いびきはかいてなかったみたいで良かったぁ。

私「・・・寝ちゃった。」

トムコルソさん「いいんだよ、寝ても。私も寝たし。」


よ、よかったぁ。
「テメー寝てただろもう絶対連れて来てやんねぇからな!!」とか怒られたらどーしようかと思った。
トムコルソさん、また一緒に行ってね、ね。
次は眠らないようにするから。

メガスターは手作りなため大量生産が出来ず、新潟に住んでいては手軽に見れないのが残念です。
もうちょっと、メガスターを理解し、堪能できるようになりたいと思うわけで。
そのために、もっと投影を見たい!
メガスター体験一回目は、堪能できた、とは言えない(寝てたし・・・)。
こういうものなのか、とうアイディアを得ただけ。
最終的に理解できなければそれはそれで仕方ないけれど、この時点ではなんとも。
まだ一回目ですから。

というわけで、また会いに行くからね、メガスター!!
[PR]
by londondays | 2005-12-03 02:03 | 日本の日々