ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バンコク1日目

朝、京王線で成田まで行き、
ANAでバンコクまで飛ぶ。

やっぱりANAフツウ。
また乗りたい気持ちには全然ならないよね。

さて約6時間後、バンコクに到着。
両替のレートが日本よりも良い。ガーン。

今回はツアーなので、現地のガイドさんと合流。
紙に「こっちからは出ないでください」
と書かれているゲートからまさに出た私たち。
「紙を読まないおバカさん」用のお兄さん(現地人)
に連れられて、本来のゲートへ誘導されるバカ2人(私)。

現地ガイドさんは元気なオバサンでした。
日本語もぺらぺらだぁ。(当たり前か)

そしてワゴン車でホテルへ。

今回泊まったのは、マンダリンホテルというところ。
ガイドブックを見ても、「日本人観光客が多い」としか
書かれてないし、ちょっぴり不安でしたが、
ないなか良いホテルでした。
ベッドも大きめだったし、テレビも冷蔵庫もあるし。
ちょっと良い日本のビジネスホテル。ちょっと古いけどね。
荷物も部屋まで運んでくれたよ。
小額のお金が無かった私達は、チップを払えなかったんだけど・・・

さて、バンコクに着いたのはもう夕方だったので、
夜の見所へ行くことに。
それは、ニューハーフショー
(タイでは「レディーボーイ」って呼ばれているらしい?)
タイと言えば、キレイなオカマチャンでしょ?というイメージがあった私たち。
さっそく同ホテル内にある、「パンダツアーズ」という旅行代理店で
調べてみることに。

あった。「マンボ(ショーパブ?)」のチケット。
お値段360バーツ(約1200円)。
多分、フツウに買うより安くなっている。
VIP(8列目まで)席だし。
と、言うわけで、すぐに予約を入れてもらいました。
完璧日本語で通じました。簡単!!

腹ごしらえに、チェックイン時にもらったチケットで、
ホテルの「パッド・タイ」という台風焼きそばを食べ、
シンハビール(90B)を飲みました。
美味しい☆
b0058659_2356888.jpg

そして、地下鉄Sam Yam駅からSukhumvit駅まで行き、
歩いてManboまで行きました。
歩道がボコボコのところがあって、何度も転びそうになりました。
しかもSukhumvit駅から結構距離あったぁ。
やっと「マンボ」を見つけたときは、ちょっと感動。
b0058659_23562212.jpg

「パンダ」から出してもらったクーポンを窓口で出して、
早めに席に着く。
8列目・・・(VIP最後尾)
でも中央よりでまぁまぁか。

だんだん人が入ってきて、ドリンクがサービスされました。
と、言ってもファミレスの水が入ってそうな小さなコップに、
ビールとオレンジジュース、コーラの3択。

ショーが始まると、それはもう、楽しかったです。
いかにもーなハデハデ衣装のダンスから、
b0058659_23564597.jpg

突っ立ったままの松田聖子のモノマネ、
b0058659_23571483.jpg

「ヨゴレ」のドタバタなどなど・・・
b0058659_2357157.jpg

時々オネーサンが客席まで来てくれたり、
集団で飴を客一人一人配りに来てくれたりと、
サービス精神満載でした。ええ。

でもね、ここのトイレはひどかったよ。
なぜかトイレの真ん中で洗濯機が回ってるし。
便座が超汚かったよ。
本当にタイ人は便座に立つのかしら・・・(ガイドブックより)
あと、「洗浄」用シャワーもついてて、びっくりした。

なんともバンコク1日目から、
濃い夜を過ごしてしまった私たちなのでした☆
b0058659_00473.jpg

[PR]
by londondays | 2007-01-03 23:57 | アジア旅行