ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日本の日々( 80 )

地元飲み

先週末は、ありがたいことにいろんなところからお声がかかって、
懐かしい顔に会うことができました☆

まずは金曜日、小学校からの付き合いの地元の友達が「お帰りの会」を開いてくれました。

そこで、昨年に結婚した友人が最近出産したことを聞きました。

友人:「死ぬほど痛かった。」

近しい友人の出産という生命の神秘に、聞き入る私たち。

友人は「生々しくてごめん」と言いながら、かなり克明に出産の話をしてくれました。
ちなみにメンバーは私と出産した友人の女性2人の他、男性2人。
どーせ一番かっこ悪い時のことをお互い知っているので、何でもござれである。

友人♀「知ってた?母乳って血の一種なんだって。」

私「へぇ~、さすがチチ(乳)だけにチ(血)・・・」

友人♂「お前、ぶん殴るぞ。」(真顔)


T君、マジです。
間髪いれずに、真顔で突っ込んできたぁ~。
そして他の2人は心底呆れたようにため息をついている・・・。
やば・・・冒険しすぎたか?

友人♀「londondaysちゃん、変わってないね・・・。ある意味ホッとした。」

友人♂「・・・変わってねぇな~・・・」

T君:「お前、ダジャレのセンスが俺の係長並みなんだよ!」


そりゃあイヤなものを思い出させちゃってごめんネ☆
冒険しすぎました。

そーです私は変わってないんです。
あほーなままなんです。
人間、1年ちょっとくらいじゃ何も変わりません。
ここ、念をおいておきたいのですが、
英語だって1年半ぐらいじゃ大して伸びません。
だから、あまり期待しないよーに。

でも、久しぶりの真顔つっこみも楽しかった☆
久しぶりに会うと、性格も生き方もバラバラな4人なのに、なんだかすんごくしっくり来る!
ぴたりとあったパズルみたい。
心地いぃ~♪

そんな訳で、好き勝手に食べ、飲み、笑った一夜だったのでした☆
[PR]
by londondays | 2005-12-20 23:59 | 日本の日々

一週間ほど前、突然右ひざを痛めた。

原因が分からないのですが、気がつくと右ひざがかなり痛い!
今はかなり良くなってきましたが、しばらく右ひざに力を入れられない日が続いていました。

そんなある日、ふと気がつきました。

「そーだ、私、この前人に右ひざでニーキックをすんごいしたからだ!!」

納得納得。
そーだよなー、あれだけニーキックしたらひざも痛めるよネ☆

と、納得している夢を見ました。

んなわけないじゃんって。

夢から覚めて、ニーキックという発想に至った自分にびっくり。
ひざを気づかぬ間に痛めたのは本当のことなのですが、
その理由が人にニーキックしたから、なんてねぇ。
(しかも夢の中で思いっきり人の腹部にニーキックしてました。しかも頭押さえて。)

私に限って、そんなこと有り得なぁ~い!

人間の想像力(しかも無意識)ってすごいですね。
[PR]
by londondays | 2005-12-20 22:57 | 日本の日々

弟の主張

年末になると、テレビ番組も特番が多くなってくる。

今日のゴールデン・タイムは見る番組を決めかねて、
私が「あいのり」にチャンネルを合わせると・・・

弟:「え、『あいのり』見んの?やだやだ、変えて、今すぐ(チャンネル)変えて。」

私:「いーじゃん外国の風景見えるし・・・」

弟:「やだ。絶対やだ。」

私:「でも・・・・」

弟:「か、え、て!!」


補足しておくと、私の弟はつま先で歩くため足音もせず、
いつもちょっと斜めに立っている、
よーく見ないと背景と同化してしまうような、
ある意味「透明感」のある、いやほとんど半透明な生物である。

そんな弟の激しい主張にびっくりしてしまったよお姉さんは。
姉さんがいなかった一年半の間に弟と『あいのり』の間に何か起こったのか。
私の視界には「障害物」程度に認識されていた物体に生命が宿った瞬間。
珍しい光景についチャンネルを変えてしまった。
(まぁどうしても見たかったわけじゃないし・・・)

親も顔を見合わせて苦笑。
私はその目が「このエネルギーを他のところで発揮してくれれば・・・」
と言っているのを見逃さなかった・・・。
[PR]
by londondays | 2005-12-20 22:30 | 日本の日々

光、入りまーす!

ついにウチにも光が来ました!

やっぱ早いわ~、光は!
しかも自分のパソで打てるのが気持ちいい♪

実際に接続するまでに数時間かかってしまいましたが・・・。
途中エラーが出てNTTに電話もしました。
私の大嫌いな電話。
しかもちょっと横柄だったよNTT。

まぁ、結果的につながったからよしとします。

いぇ~い光光~!!
[PR]
by londondays | 2005-12-20 22:05 | 日本の日々

大学詣で

帰国したら早めに顔を出そう出そうと思っていた母校。
院に進んだ友人に誘われて、ゼミにもぐってきました。

卒業して1年半、知っている顔も少ないので、
友人と大学で一度待ち合わせてからゼミに行くことに。

待ち合わせ場所は、院生室。

そーいえば私の通っていたロンドン大学(傘下のマイナー大学)、院生室無かったよなぁ。
リサーチ・ルームが使えるのは、Ph.Dからだったよなぁ。
毎日大量の本とラップ・トップ抱えて大学行き帰りしたなぁ。
寮にインターネットが入ってなかったから、
調べ物するのにも大学行かなきゃならなかったしなぁ。

・・・本当にシケた大学だったぜ。

ちっ。

思い出して、また少しだけ腹が立つ。


しばし院生室でまったりした後、教室に移動、ゼミに潜伏成功。

やっぱ、現役の大学生は若いな。
楽しそぉ。
みんな可愛い。

そんな中、一人だけ年増でキョドっている女が・・・
私かい。

久しぶりのゼミは、なんだか新鮮でした。
文学も1年半近く遠ざかっていたので、懐かしい。
あの、思いつきで好き勝手に発言していた日々が・・・

ゼミ終了前には、恩師が私をゼミ生に紹介してくれました。

「彼女はちょっとクセモノでしてね・・・」

ええい曲者じゃっ!であえ、であえ~!!

「○○高校出身で・・・」

え、先生、高校からっ?
ちょっとさかのぼり過ぎじゃないですかっ?!


ゼミ後、恩師が手招きして私を呼ぶ。

「ちょっと。」

「はい?」

「あーた、修士論文見せてね。そういう約束でしょう。」


うっ。

やっぱり覚えてらっしゃいましたか・・・。
この前、「忘れていますように」と白山神社でお祈りしてきたばかりなのに・・・(ウソ)

「あの~、とてもお見せできるようなシロモノでは・・・」

「うん、知ってる。でも見せてね。」


あ、あっさりと言い切られてしまいました・・・。
さすが我が恩師。

そういえば同時期にアメリカの院に留学した同期は、
大学で書いたエッセイが何かの雑誌に載ったらしい。
良い成績を収めているらしい。
Aとかいっぱい取ってるらしい。

やば・・・

いや、もう済んだことさ。
私の大学では、「Aは無理」伝説(?)があった。
つまり、「B」が最高点。
そんな伝説を信じ、そんな伝説に甘んじて大学行ってたさ。ああそうさ。
単位を落とさないことだけに集中してたさ。
今振り返ってみると、かっこわる・・・
もう、済んだことさ・・・


昼食を笑顔ゼロのイタリアン(ある意味authentic?)でご馳走になった後、
大学の研究室で久しぶりに会った友人とゴロゴロしました。
やっぱり居心地いぃ。
卒論を控えた4年生を尻目に、我が物顔でまったりする卒業生2人。
邪魔くさ?

あっという間に日は落ちて、大量のカラスが窓の外に見えるという、懐かしい光景・・・。
因みに私も友人も、カラスの糞をひっかぶった経験アリである。

私:「うぁ~、すごい数のカラス!!ヒッチコックみたい。見たことないけど。」

友人:「見たことないんかい。でも本当にここはいつも大量にカラスがいるよね。国際会議でもあるのかなぁ?」

「国際会議にしても多すぎない?G8ならぬG80?いや、カラスだからK80とか?」

「K80・・・。英語にした方がかっこいいんじゃない?カラスの英語。」

「Crow?じゃあC8・・・C80でどぉ?」


なんていうどーしようもない会話をしながら、結局日が完全に落ちるまで研究室でまったり。
現役の学部生はとっくに帰っていました。
はた迷惑な卒業生。

帰り、生協に寄ると、2階までのスロープがついていました。
おぉ、バリア・フリー。
大学も、少しずつ変化している。
帰りの道では、新たな100円ショップを発見し、
まだがんばっているベーグル屋を発見し、
駅が自動改札になっていることを発見し、
電車が30分来ないことを再認識しました。
(それでも当時は「まだ本数がある方」と思っていたっけ・・・)

・・・帰ってきたぜ、新潟!!

これからしばらく、ゼミのある日だけ出現するエセ学生として大学に通学です。
[PR]
by londondays | 2005-12-16 02:01 | 日本の日々

びっくりしたこと

・母が私の知らないお笑い芸人を知っている

・母が私の知らない韓国俳優を知っている

・母が「ハイチュー」(お菓子)のことを「チューハイ」と言った


ハハは偉大なり。
お笑いブームと韓流とやらも予想以上にすごいな。
[PR]
by londondays | 2005-12-16 00:23 | 日本の日々

引きこもりニートです。

「姉さん、やばいよ!」
「あんた、やばいよ!」
と、ニート化を危険視されているlondondaysです。こんにちは。

というか、引きこもりニートもはなはだしい今日この頃。
まだ、携帯も持っておりません。

明日こそは携帯買うぞ!
引きこもりニート脱出するぞっ!!
[PR]
by londondays | 2005-12-04 23:15 | 日本の日々

メガスター初体験

帰国して数日後、東京の日本科学未来館でメガスターの投影を見てきました。

帰国する前から色々話を聞いて、絶対見てみたかったメガスター!
未来館には、開館前からメガスター目当てに長蛇の列が出来ていました。
やや出遅れた私たちは、ぎりぎりこの日の投影が見れる位置でした。
メガスターの整理券はあっという間に売り切れ、私たちより5~10分遅れ(それでも開館前)で到着した人は、整理券が取れなかった人も多いと思います。
私たちも、早い時間の投影は売り切れで見ることが出来ず、結局午後3時の最終投影の整理券を手に入れました。
今やメガスター人気はすごいことになってるんですねぇ。
私たちが行った日は、日本科学未来館の友の会員デーで祝日だったということも、
混んだ要因だとは思いますが。

整理券はなぜか開館し、未来館に入るという時点になって配布開始。
なぜ開館前、並んでいる時に整理券を配ってしまわないのかと疑問に思いました。

トムコルソさん「あ、ダメなのそーゆーところ、ここは。前も手際悪くて不親切だったし。」

せっかく立派な施設なので、メガスター関連のサービスも向上してくれることを願います。

さて、私は新たに友の会員に登録し、連れて行ってくれたトムコルソさんは更新手続き。
これで、1年間会費1000円で未来館に入り放題です。

さて、メガスターは午後3時から。
時間がたっぷりあるわけで・・・。(なんせ開館前から並んでいた)
ちょっと館内をブラブラ。
トムコルソさんはメガスターを開発した大平さんの特別講演会に出るため、途中で別行動に。
講演会は、未来館の一室で行われました。
余計暇になるわけで。
帰国後の疲れもあって、あまり館内を一人で動き回る気力も無く・・・。
と、言うわけで、しばらくクッションでぼけぇ~としていました。
それから、ちょっとうろついたり・・・。

特別講演会が終了したあたりでトムコルソさんを迎えに行き、合流。
メガスターが投影される部屋の前でまたしても列に並ぶ。
30分以上前だというのに、もう列が出来ている・・・。
うーむ、どこに行っても並ばなくてはいけないのね。

開場すると、トムコルソさんお勧めの席を2人で占領。
メガスター、ちっちゃくて可愛いかったです。
本当にちっちゃいですねー、あれ!!
プラネタリウムと言えば、でっかい「鉄アレイ(by大平さん)」がぐるんぐるん回っているのを
思い出すわけですが。
メガスターは形状もタマゴみたいで、「キテレツ大百科」のコロ助みたい。
と、トムコルソさんに言ったところ、苦笑い・・・(アンチ・コロ助派)

さて、投影開始!!
会場が小さいのもあって、星が目の前!!
そしてやはり星の数が半端じゃない!!

「うわぁ~」と、口がポカーンとなりました。
こんな星空、見たことないっ!!(「現代じゃありえない星空」なので当たり前ですが・・・)

・・・ただ、見たことのない星空なので・・・現実味が無いんです。
私の頭は、これが「星空」と認識出来ない状態。
「コノ、クラヤミでキラキラしてんの何ダ?」っていう類人猿状態。
星がありすぎて、数えるほどしかない「私が知っている星座」も探すことはできないわけで。
なんだか、物足りなぃ。

ホシゾラだけど、私の知っている星空じゃない。
見て、心が震える、スキー場の、冬の新潟県新井市(現妙高市?)のあの星空じゃない。
そんなものを期待していたこのメガスターど素人の私が悪いんですけどね。

それでもメガスターのホシゾラはすごくすごく綺麗でしたしね!!
「見れない星空」が見れるっていうのがすごい!
ホシが、近い。ホシが、多い。

そんな星に癒されたのか(?)、あっちゅー間に夢の世界へ・・・。(本当に夢も見た)
半分以上眠っていました。
途中、トムコルソさんに顔を覗かれてびっくりする(起きたばっかりの時に・・・)。
いびきはかいてなかったみたいで良かったぁ。

私「・・・寝ちゃった。」

トムコルソさん「いいんだよ、寝ても。私も寝たし。」


よ、よかったぁ。
「テメー寝てただろもう絶対連れて来てやんねぇからな!!」とか怒られたらどーしようかと思った。
トムコルソさん、また一緒に行ってね、ね。
次は眠らないようにするから。

メガスターは手作りなため大量生産が出来ず、新潟に住んでいては手軽に見れないのが残念です。
もうちょっと、メガスターを理解し、堪能できるようになりたいと思うわけで。
そのために、もっと投影を見たい!
メガスター体験一回目は、堪能できた、とは言えない(寝てたし・・・)。
こういうものなのか、とうアイディアを得ただけ。
最終的に理解できなければそれはそれで仕方ないけれど、この時点ではなんとも。
まだ一回目ですから。

というわけで、また会いに行くからね、メガスター!!
[PR]
by londondays | 2005-12-03 02:03 | 日本の日々

新潟に帰ってきました。

ども。
私、新潟に帰ってきました。

新潟に帰ってきて、真っ先にしなくてはならないこと。
それは、歯医者さんに行くことと、美容院に行くこと。

ええ、歯、まだしみるんです。
噛むと痛いから、ずーっと右側で噛んでいる状態なんですよねぇ。
もう慣れたけど、たまに面倒くさい。
という訳で、今日歯医者さんに行ってまいりました。
・・・治療始めるの、再来週だって・・・
日本の歯医者も対応遅いなオイ!!
まぁ痛くて仕方ないって訳じゃないけどさぁ。

そして、美容院。
この、半年以上放置した髪を切る時がやって来た!
さっぱりしたぁ。
人生の中で最長だったんじゃないかなぁ、私の髪。
きれいに伸ばせればいいけれど、面倒くさがりの私には重荷すぎました。
実際量が多いから本当に重かった。
切ったら頭が軽くなりました。はい。
ばっさり切って欲しい旨を伝えると、美容師さんはちょっと躊躇していました。

美容師さん「本当にいいんですかぁ?」

私「あ、いいです。(好きで伸ばしてた訳じゃないし)」


旅行中は特に洗いっぱなしだったし、硬水でやられちゃって髪ボロボロ。
硬水は本当に髪の色抜けますねぇ。
切ってさっぱりしました!!


今日の新潟は雨が降ったり止んだり。
やっぱりロンドンの小雨とは訳が違う。
靴もズボンもぐっちょりです。
東京で新潟の週間天気予報を見て愕然としましたからねぇ。
・・・ずっと雨ぢゃんっ!!て。

でも。
雨がゴーゴー、雷ゴロゴロの万代橋を渡り、切りたての髪もバッサバサになりながらも、
なんだか懐かしい気分になりました。
新潟帰ってきたなぁって(笑)。
コレコレ、コレが新潟なのよねって。
あと、やっぱり川好きだなぁって。信濃川。
ヨーロッパ旅行中も、川のある街はいつでも好きになりました。

そして、新潟市の自分ハイライト。
それは、「万代バスシティーセンター」の立ち食いうどんとビン入りコーヒー牛乳!!
一人でうまうま、と食べ、飲んできました。
幸せー・・・・ (なんてお安い幸せなんでしょう。合計400円・・・。)

携帯電話も早々に持ちたいところでしたが、決まらず。
優柔不断も直したいところなんですけどね。
・・・直んねぇや。

新潟の皆様、連絡が遅くなって申し訳ありません。
メールの返信もかなり滞っています。
家のネットはダイヤル・アップだから遅いにゃー。
あと、電話回線使うから、うかうかネット使えないにゃー。
自宅のMy猫と遊んで嬉しいにゃー。
でも、もう少ししたら、光が入るらしい。
いつの間に?

本当に入るのか、光!
そうご期待!! (私にね)
[PR]
by londondays | 2005-11-24 22:39 | 日本の日々

帰ってきました~!

ども。
私、日本に帰ってきました!

日本に帰ってきて気がついたこと。

1.やっぱハイテク(特にお風呂に感動!)
2.やっぱ誰も荷物運んでくれないね(手伝ってくれる男性がいない)
3.かわいい人が多いね(男性含め)
4.誰も信号無視しない
5.人とぶつかると、やっぱり「Sorry」って言いたくなる(そして「そ・・みません」と何度か言う)
6.お笑い芸人がほとんどわからない
7.芸能人の名前もほとんど忘れている
8.テレビがどのチャンネルでも同じこと言ってる
9.焼肉うめぇええぇぇぇぇぇ!!!
10.ラーメンうめぇぇぇえぇぇえぇえぇ!!!!
11.意外とすんなり溶け込める(やっぱ日本人だねぇ、自分。)
12.なんかいい匂いがする(やっぱりロンドンは臭かったのかなぁ?)
13.やっぱり東京さは人が多いねぇ
14.漢字が書けない
15.漢字が読めない
16.カタカタさえ認識できない(「カラオケ」を認識するのに時間がかかる・・・・)
17.ゴミ分別するんだね!!

な、なんだかねぇ・・・
他にもいろいろ気がついた気がするのですが、忘れました。
思い出したら加えていくかも。

現在東京でトムコルソさん邸にお邪魔になっております。
時差ぼけが結構あって、夜行生物のように生きております。
昼間は眠くてしかたがない!そして常にだるーい感じです。
寝ているトムコルソさんを尻目に、電気を煌々と点けて漫画を夜中まで読んでおります。
なにしてんだ、自分・・・。
迷惑極まりない。
お仕事あるのにごめんね、トムコルソさん・・・

さて、このブログもどーしようか考え中ですが、とりあえずもうちょっと続けます。
ロンドンネタが尽きてからが考えものですが。

このブログを今まで見に来てくださった皆様、誠にありがとうございました。
いろんなところで私のロンドン留学を支えていただきました。
感謝感謝カムサハムニダ。
(ほ、本当に感謝しております!!)
もうしばらくのご愛顧、よろしくお願いいたします!
[PR]
by londondays | 2005-11-22 19:37 | 日本の日々