ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:セレブリティー( 12 )

Jonathan Ross

ジョナサン・ロスとは、イギリスのおしゃべりタレント(?)である。
b0058659_1382714.jpg
言わばイギリスの古舘一郎。
喋る喋る。よう喋る。

でも、私はなんか好きなんですよね~、この人。
かく言う現在もBBCRadio2のホームページからジョナサン・ロスの番組をオンラインで聞き中。
イギリス人のジョークって理解し辛いけど、この人のは結構笑える。
もう話し方からして可笑しいんだもん!
話すテンポも最高。

この人、よくロンドンのSOHOでぶらぶらしているらしい。
私は見たことないんだけど・・・
まぁ別に容姿がステキなわけでもないんだけど、
普段からあのちょっと気持ちの悪い笑みを浮かべているのか見てみたい!

ちょっと気になった方は、BBC RadioのホームページからRadio2のJonathan Rossを
チェック!です。
[PR]
by londondays | 2006-01-23 01:23 | セレブリティー

マンデラさん来る。

今日の午後、ネルソン・マンデラ氏がトラファルガー広場に。
というのも、トラファルガー広場で平和集会なるものがあったからです。平和集会といっても戦争反対とかの方ではなく、アフリカの貧困の状況が主たるテーマだったようです。この世界の貧富の二極化をどうにかしよう!という。

私がトラファルガー広場に到着するともう集会は始まっていて、大量の人が広場に。ステージが見える位置を探してみるものの、でかいイギリス人に囲まれて、成す術がありませんでした。ちょこっと見えたマンデラさんは、ステージの中央に立ち、10分くらいの短いスピーチをしました。同じ大学でSocial Justice(日本語で何て言うんだろう?)を勉強している友達はスピーチをMP3で録音。スピーチが終わると、ステージに横付けされた車3台のうちの1つに乗ってすばやくその場を去ったマンデラさん。マンデラさんが去るときには、アフリカの民族音楽が演奏されました。マンデラさんが登場・退場する際には歓声と拍手が起こっていました。登場するときには「我々の真のリーダー!」って言われてましたね。

マンデラさん登場の前にも数人のスピーチがあり、Jameliaが「Stop」を生で熱唱。
Jameliaに関してはチラリとも見えませんでした。

こういう集会に参加するのは初めてなのですが、平日の昼間にも関わらずすごい数の人が来るんだなぁ、と驚きました。ちなみにマンデラさん登場前、「ブレアにテキストする(携帯電話からショート・メッセージを送る)」という企画(?)がありました。「ブレアに今こそ発言しよう!このテキスト(メール)はブレアが実際に見ます!」とか言って、ドコドコに今すぐテキストするように呼びかけていました。なんだか面白いですね。
[PR]
by londondays | 2005-02-04 01:30 | セレブリティー
ゴシップ好きのイギリス人。
日本の皇室と違って、英国王室も絶好のゴシップネタなワケで。
最近のニュースは・・・

ハリー王子:
仮装パーティーにナチスの腕章をつけて出席し、非難ゴウゴウ。
パパ(チャールズ皇太子・Prince of Wales)に怒られて早々に腕章をはずして謝罪。
ユダヤ系グループからは「謝罪したからいいよ。」って言う人もいるけど、
「強制収容所(Death Camp)に視察して学んでこい」っていう声もあるようです。
ちなみに彼は最近クラブでパパラッチを殴って起訴されてます。
昨日のThe Timesの一面にハリーの写真が載ってましたが、成長したね~

エリザベス女王:
2012年のオリンピック開催候補地としてロンドンが四苦八苦している中、
候補地争いをしているパリの方が開催地としてふさわしいと発言したのが明るみに出て窮地に。
昨日のThe Timesでもかなり大きく取り上げてました。
ちなみにロンドンの交通機関値上げはどうやらオリンピックに向けての取り組みのようです。
「クオリティーの向上」だって。けっ。

関係ないけど、ジュード・ロウが結婚しましたね。
お相手は23歳のシエナ・ミラー。私と同い年!!

関係ないけど、ブラピ離婚しましたね。
イギリスのゴシップ誌は最近まで奥さんのジェニファー・アニストンが妊娠してるっていう報道をしてましたが・・・。大ハズレ。ま、気にしてないだろうけど。

イギリスはゴシップ誌が大量にあるのでびっくりさせられます。
有名どころは「Heat」でしょうか。
イギリス人のゴシップ好きにはさすがの私でもあ然。
結構どーでもいいことが書いてあるんですけどね・・・
[PR]
by londondays | 2005-01-15 01:27 | セレブリティー

友達の友達の目撃情報。

忙しいなどとほざきつつ、今日はお友達とマシュー・ボーンの『白鳥の湖』のチケットを取りに行く予定だったのですが。電話で確認したらすべての回でSold Outだそうで・・・。

クラシックのSwan Lakeを諦めた矢先だったので、どっちのSwan Lakeも見ることが出来ずがっくりです。Swan Lakeを週ごとに見ようっていう発想が馬鹿げてるっちゃあ馬鹿げているんですけどね・・・。

マシュー・ボーンのSwan Lakeといえばアダム・クーパー。映画『リトル・ダンサー』の終わりでちょこっと出てくる彼(成長した主人公、ビリー)は、一気に日本でも大ブレイクし、そのせいか、彼自身がプロデュースした『危険な関係』(?)は日本で初舞台だそうで。
すっかり忘れていたのですが、アダム・クーパー、ロンドンに住んでいるようです。
この前の食事時、アダム・クーパー話をしていたところ、同じテーブルに座っていたイギリス人が近くのサルサ・クラブで目撃したって言ってました。
そして、彼女の友達が彼とサルサを踊ったそうです!うらやましいぃぃぃ!!
いや、私はサルサどころか新潟甚句もあやしいところなのですが。
教えてくれた彼女も「でも私とは踊ってくれなかったのよ!!」とかるく憤慨していましたが、アダム・クーパーが近くでウロウロしてると思うと、ちょっとウキウキ。

しかし、いたとしても絶対わからない自信あります。ヨーロッパ系の顔みんな同じに見えるし。
というか、いちいち人なんて見ないですしねー。たまに公園とかで観察すると楽しいけど。
同じ寮に似てるヨーロッパ人が3人いるのですが、いまだに時々区別できてないです・・・。
よくヨーロッパ人がアジア人はみんな同じに見えるって言うけど、逆も同じこってすね。
[PR]
by londondays | 2005-01-13 01:02 | セレブリティー

Beckhamの軌跡(?)

Beckhamの写真を友達からもらったのでUPします。
私はムービーばっかり撮ってて写真とるの忘れてたので・・・。
b0058659_22494042.jpg

[PR]
by londondays | 2004-12-06 22:50 | セレブリティー

David Beckham!!

ついについに会っちゃいました、べっきゃむ!!

間近で見るベッカムは頭が小さくて笑顔の可愛い人でした!
座っていたので大きさはわかりませんでしたが、隣にかがんで一緒に写真とっちゃった☆
しかもDVDにサインもしてもらっちゃった☆☆
しかもしかも握手もしちゃった☆☆☆
しかもしかもしかもちょっと話しちゃった☆☆☆☆

場所はOxford StreetのVirgin Megastore。
事前に入手した入場整理券代わりのオレンジ色のバンドルをして列に並ぶこと1時間。
時間はあれよあれよと過ぎてすぐに私の番に!!
近づいてから順番がまわってくるのが早くて、あたふたしながらまず前に並んでいた友人の
写真を撮り、私の番!!
友人にカメラを渡して、ベッカムにDVDの表紙を渡しました。

私「Hi!!」
Beckham「Hi, How are you?」
私「I'm fine, thank you! I came from Japan!」
Beckham「You came here just for this event?」
私「Yes, sure, of course!!」
Beckham「Really? Wow, are you sure?」
私「Sure!!」

ま、そんなわきゃないんだけど。
ノリで言ってしまいました。ベッカムは「うそだぁ~」って顔してましたが、疑いながら笑っている顔がまた可愛いのなんの!!イヤ、本当に!
ベッカムのことを「よろっと(そろそろ)人気もなくなるでしょ」とか言っていた自分がもう信じられないですね。
しかも今回は事前にベッカムのDVDを買わなくてはならなくて、「買いたくない(17ポンド)・・・」とかかなりぐちぐち迷ってました。
なにを馬鹿なこと言ってんの、あんた!!(過去の私へ)
しかし、ユアンの時よりも舌がよく回りました。
ベッカムの雰囲気がそうさせたのか、ユアンが好きすぎて舌が回らなかったのか・・・。
ともあれ話せて満足!!

挨拶した後ベッカムの隣に行って写真。
友人の手が震えているのがわかりました。やっぱり写真ぶれてた(^^;
でも私も友人の写真を撮るとき手震えてたから同じくぶれてるかも・・・
写真を撮ってもらってから握手して、さよなら。
Virginの人にせかされて、後ろの友人の様子を見守る間もなく近くから排除されました。

あっと言う間だったけど・・・なんかもう夢心地。
一緒に行った友人(4人)できゃあきゃあ言いながら学校へ戻りました。
夕方からのセミナーを受けるために・・・。
あもす(先生)がベッカムに見えました。ってかもう頭の中はベッカムでいっぱい♪
うそです。リサーチの統計の仕方、難しかったです。

今回のイベントはVirginに勤めている友人が教えてくれて、友人に感謝感謝です☆
私の前に既に100人くらいサインをこなしていたベッカムが笑顔を絶やさなかったプロ根性
(サッカー選手だけど・・・)にも感動!

普段は夜に学校に来ないんだけど、今日のこの感動を伝えるために10時20分現在、学校に来てブログ書いてます。(寮にインターネットなし)
あぁ、本当に今日は興奮!!
[PR]
by londondays | 2004-12-02 07:23 | セレブリティー

Prince Charles!

昨日はまたまたレスター・スクエアにアル・パチーノが映画『ベニスの商人』のプレミアで来るっていう情報をキャッチ(Byもに子)したので、Oxford StreetのVirgin Megastoreに行くついでに行ってきました。

友人とVirginで合流し、DVDを見てまわっているうちにすっかり遅くなってしまい、レスター・スクエアに着いたのは7時半近くでした。
「アル・パチーノもう劇場に入っちゃたかな?」とか思いましたが、まだ人ごみがあったのでちょっと待ってみることに。
しかし今回のプレミア会場は一般人が劇場の近くに入れないようになっていて、すごく劇場から遠かったです。しかも警察がいっぱい。今までのプレミアとは違うなぁ・・・と思っていたら、
「もに子」がチャールズ皇太子も来るって言っていたことを思い出しました。

チャールズをすっかり忘れていた私。
「だからちょっと物々しい雰囲気なのかぁ~」と納得したその時、車が3台劇場前へ。
劇場近くのカメラマンたちが歓声をあげたので車から降りてきた人をよく見ると、
チャールズ皇太子でした。
っていうか、禿げた後ろ頭しか見えなかったんだけど・・・。
でもたしかにあの禿げた後ろ頭はチャールズでした!!
セキュリティーのこともあるのか、さっさと劇場に入っていったチャールズ。
友人(台湾人)は横顔を見たみたいでかるく興奮してました。

しかし、車は私の目の前を通ったわけですが、あまりにも普通の車っぽかったんで気が緩んでました。実は防弾仕様とかになってるのかなぁ・・・?
ベンツとか、ロールスロイスとか、そういう派手な車じゃありませんでした。
暗いブルーの、普通の車。
ちっ。 うっかりだまされてしまった(?)

でもまぁ、「イギリスで最も重要な人の一人(国民感情は別として)」を見れたのでよかったね、
と友人と話しながら早足で寮に戻りました。(夕食に間に合うように)
ちなみにアル・パチーノはとっくに劇場に入ってたみたいでした。残念!
b0058659_7295125.jpg

[PR]
by londondays | 2004-11-30 22:04 | セレブリティー

Jude Law

ユアン・マクレガーとの握手を果たしたのと同じ10月第3週は私の人生の中でのセレブリティー・ウィークでした。

ジュード・ロウは『A.I』のジゴロ・ロボット(?)役や、『オスカー・ワイルド』でオスカー・ワイルドの恋人役を演じた私の大好きなイギリス役者の一人です。

そんなジュードの新作映画『Alfie』のプレミアがレスター・スクエアであり、私は半信半疑で野次馬しに行きました。
ラジオからちょっと聞こえたくらいの情報だったので、半信半疑で学校帰りにちょっとのぞいてみようかな、ってくらいだったのですが。
レスター・スクエアに行くともう人だかりができていて、数分後に歓声が起こったので誰?
と思ったら「アリー・マイラブ」のエレイン役の女優さんが至近距離でサインしているのが見えました。笑い顔とか、テレビで見るまんまでした。

会場に来るのが遅くて、位置的にあんまり有名人は見えなかったのですが、有名人が来るごとに歓声が何度もあがってました。
しかし、ローカルなスターくらいだと私は知らないので、見えたとしてもわからなかったかも。
「ナタリー!!」って呼ばれてたのは元All SaintsでOasisのリアムの奥さん?ってくらい。

真っ白なリムジンが通ったのでこれは!と思ったらミック・ジャガーでした。
すごい歓声でしたね、やっぱし。
ミックは年寄りだったけどスター!!オーラはありましたねー。

で、そのちょっと後に白いベンツのバンからジュード・ロウが降りてきました。
ジュードは髪を立てていたせいかちょっと頭が大きく見えたけど、正装していてすごくかっこよかったです。こう、身のこなしとかね!
ジュードは主役なだけあって、会場前を長い間行ったり来たりしてくれました。
私の5メートル近くまで来て、そのときは本当に興奮してしまった☆
半信半疑だったためカメラを持っていってなくて後悔。
雨が降ったりやんだりでかるくぬれてしまいましたが、その価値ありでした!

ちなみに『Alfie』はマイケル・ケイン主役の映画の焼き直しで、ジュードがひたすらかっこいい映画らしいですが、友人曰くつまらなかったそうです。
[PR]
by londondays | 2004-11-26 20:58 | セレブリティー

完全なる失敗・・・

昨夜、友人の部屋でテレビを見ていたら、トム・ハンクスの新作映画のプレミアの様子が!!
しかもまたしてもレスター・スクエア(近)。

ギリシャ人「えっ。知らなかったの?」
私+ポーランド人「知らないよぉ~!こんなに近くにトムがぁ~・・・。」

がっくり。

今までも逃してきたのはいくつもあるわけですが、実際その日のうちにテレビとかで見ちゃうと
悔しさがフツフツと・・・。
しかも今回の新作映画は子ども向けファンタジー(?)のようで、プレミア会場もかなりお金かけてるかんじの工夫された会場!

まぁ、どうせ昨日はセミナーがあって行けなかったんですけどね。
トム・・・。

ちっ。
[PR]
by londondays | 2004-11-18 20:54 | セレブリティー

Renee & Hue

昨日、火曜日はまたまたLeicester Squareで映画のプレミアがありました。

今回のプレミアはBridget Jones:The Edge of Reason!
いやぁ、もう見ちゃったけどね。
プレミアの前にプレミアで見ちゃうなんてちょっと変な気分。

とにかく!レスター・スクエアは結構近いし、また野次馬しに行ったわけです。

今回は台湾人の友人と2人。彼女は台湾に帰る前に有名人を見たい!と言っていたので誘ってみました。ジュード・ロウを見に行ったとき「何で教えてくれなかったの!!」って怒られたし。
彼女にはリーディングのアサインメントが大量にあり、ちょっと誘うのに躊躇したのですが・・・。
「悩んだけど、有名人のため!一生に一度!!」
といって一緒に来てくれたわけです。

チャイナ・タウンを抜けてレスター・スクエアに出ると、もうすでに雄たけび(歓声)が聞こえました。
そして、有名人を一目でも見ようとしている人々が大量に・・・。
公園を囲んで人がびっしり。
やっぱり『ブリジット・ジョーンズ』!!『Alfie』(ジュード・ロウ)の時とは違いました。
読みが甘かったです。いや、甘すぎました。

そんなこんなで近くに行こうとあちこち回り、友人はホテルの植木鉢に登ったりしましたが
ホテルマンに注意され断念。結局車が入ってくる入り口周辺で待機したのですが。
雨も降っていたし、結局映画館前でしかスターは車を降りず・・・。
彼らが私たちのすぐ前を通ったのは確実ですが、私たちからは何も見えませんでした。
ベンツが通ると「これかなぁ~」とか思いましたが、なにせ窓も黒くて中なんて見えない。

「ちっ。しゃーない帰るか。」

ってことで公園を突っ切って帰ろうとしたのですが、公園内のフェンスから遠ぉ~くに
スターが映画館前でふらふらしているのが見えました。
レニー・ゼルウィガーは真っ赤なドレスを着て、カメラマンたちの前でポーズをとっていました。
そしてヒュー・グラントは正装して、映画館前のファンにサインしたり、レニーと一緒にポーズを
とったりしていました。

なにせ遠くて、彼らは指先に乗るくらいの大きさだったのですが、まぁ、一応見れたのかと。
フェンスや看板が邪魔でしゃがみながら、隙間からたびたび見れるスターを見る人々(私含め)。
かなり異様な光景でした。

それでも台湾人の友人は
「台湾に帰ったら友達に自慢しちゃう!!」
と言っていたのでまぁよかったです。

しかし・・・
雨がかなり降っていてびしょぬれになった私たち。
しかも!私は道路際を歩いていて車に大量の雨水をぶっかけられ、
マフラーまでびしょぬれになりました(><
それこそブリジット・ジョーンズさながらです。
(今回の『ブリジット・・・』にはそういうシーンがある)

そこまでの価値があったかと言われると・・・辛いところですね(^^;
b0058659_2359277.jpg

[PR]
by londondays | 2004-11-11 00:32 | セレブリティー