ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー

<   2005年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

The Tempest

土曜日は、グローブ座でシェイクスピアの『テンペスト』を見てきました。

今年のグローブ座では、『The Tempest』『Pericles, Prince of Tyre』『The Winter's Tale』の3つのシェイクスピア劇が上映されます。

友達がグローブ座でボランティアをしているのですが、ボランティア特典として、彼女たちはいくつかの劇を無料で見れ、その回毎に一人だけ友達を同伴できます。
しかも、スタッフ用の特別な席で!!
私もボランティアをする予定だったのですが、あまりの忙しさに断念しました。
すごくすごく興味はあったんですけど・・・。

そんなわけで、ボランティアをしている友達に誘われて行ってきました。グローブ座。

チケットは、友達の名前入り。う~ん羨ましい。
入り口は5番だというので行ってみると、4番の次に「5番」という番号はありませんでした。
何も書いていない4番の隣の入り口に立ってみる。
ボランティアのお姉さんに聞くと、何も書いていないその入り口が5番だそう。
ヤダ、ちょっと特別??と友達とはしゃいでみました。わーいわーい。

大きくて重い木の入り口を開けて、階段を上る上る。
席は、なんとステージの上です。
ステージの上、右サイドからステージを見下ろす感じ。
つまり、斜め後ろから劇を見る。

・・・はっきり言って、劇は後ろから見る形になるので、役者の表情はほとんど見えませんでした。
そして、ステージ中央部分の出っ張りのおかげで、ステージ半分が全然見えない。
この席は「Lord's Chamber」と言って、その昔は貴族がよく使っていた席らしいです。
観客から良く見えるステージの上の席で、自分たちの存在をアピールするのが目的だったそうな。
劇が見えにくくても、自分たちの存在をアピールしたい・・・
気持ちが理解できません。

しかし、確かに「特別」な気分でした。
観客の反応を見るのも面白かったし、真横でコーラス隊が歌いだすのも面白かったし、「妖精」役の役者が、私たちが座っている真横から仮面を取って行くのも感動しました。

さて、『テンペスト』ですが、まぁまぁ面白かったです。
半分見れなかったのでなんとも言い難かったりしますが・・・。
役者は3人で、妖精以外の全ての役をこなしていました。
娘役は男性が演じていました。
娘役の俳優さん、「しずかちゃん走り」をしたり、別の俳優にお姫様抱っこされたかと思えば、時々低い声を出して面白かったです。
シェイクスピア劇にはつき物の下ネタも、男性同士だから笑えました。
これ、男女でやったらグロすぎる・・・というくらい下ネタでしたから。
特に、プロスペローがキャリバンを見て「4本足」という部分・・・

3人で役を変えてがんばっていましたが、やっぱりわかりにくかった気がします。
3人の妖精が常に役者3人と一緒に漂っているのも意味がいまいちわからなかった・・・。
妖精の衣装はなぜかパンクだし・・・。

もう一回ちゃんと見てみたいような見なくてもいいような。
友達曰く『ペリクリース』はすごく面白いらしいので、こっちを先に見たいです。とりあえず。
[PR]
by londondays | 2005-05-31 03:37 | 演劇

浸水??

日曜日大学に来てみると、なんだか異様に人気が無い。

図書館のあちこちに張り紙が。
「コンピューター室の浸水により、大学内のサーバーが使用できません」

おいおい、浸水??

珍しく雨がほとんど降らなくて、最近むしろ真夏日和だったのに??

どこの水が漏れてんじゃあ??

とにかく、大学内全てのサーバーがダウンしており、大学のコンピューターでインターネットが使えない他、自分のラップ・トップでもワイヤレスがつなげない、そして、図書の検索もできない、本も借りられない。

どこの水が漏れたんじゃあ??(怒)

月曜日がバンク・ホリデーのため、復旧が火曜日になるとかかれていましたが、今日(月曜日)来てみたら、ちゃんと復旧されてました。とりあえずホッ。

図書館が24時間営業で長く居座れるならまだしも、休日は5時に閉まってしまう図書館で図書が借りれないのは多くの学生にとって非常に深刻な問題です。

そして、インターネット接続の無い大学寮に住んでいる私のような学生にとって、インターネットが大学で使えないのは本当に痛い。
スーパー・バイザーにチュートリアルの予定を聞くメールを出したばっかりの私は、かなり焦りました。火曜日の都合を聞いていたので・・・。
スーパーバイザーがメールを返してくれているのに、こっちの返信が遅いのは非常にまずい。
今日メールチェックしたら返事来てませんでしたけどね・・・。
あ、本当に休日はメールチェックしないんだ・・・。
ってことは、火曜日のチュートリアルは無理だな。
バンク・ホリデーの存在を忘れたまま送ってしまったメールだったので、休み明けはやっぱり無理だよなぁ。とかいって、火曜日の朝メール来てたらどうしよう。
ああ、鬱。

そんなわけで、メールが非常に気になった私は、昨日、コンピューターを持ってさまよう変な人と化していました。どっかのワイヤレスをキャッチできないかと思って・・・。
寮の端っこでは、別の建物のワイヤレスがキャッチできるという情報を元に、寮をさまよい、階段でパソを開く私。
結局シグナルを見つけられず、汗だくになったほか、寮の住人に白い目で見られる羽目に。
辛かったばい。

まったく大学に振り回された一日でした。
[PR]
by londondays | 2005-05-31 02:40 | 大学

治療2回目。

今日は、予約してあった歯医者に行ってきました。
前回行ったところと同じところです。

歯医者さんは、今日も丁寧。
異常に白くて並びのいい歯が、今日もキラキラ・・・。

でも、前回の治療の後、噛むと痛い、冷たいものと熱いもので歯が沁みるんですよね・・・。
今日はどんな治療をしてくれるかと思ったら・・・

え、歯の周りを磨くだけ??

X線も撮りましたが、異常は見つけられなったようです。
最後に塗り薬を渡されて、歯磨きの後につけてね、と言われました。
塗り薬ですか・・・。
本当に効くのかしら。
ふ、不安だわ・・・。

これでもダメだったらまた一ヵ月後にね!と言われてしまった。
今日もお金は払わなかったけど。

日本に帰りたい・・・。
日本の歯医者さんに行きたいです。やっぱり。
[PR]
by londondays | 2005-05-28 05:10 | ロンドンの日々

食べ逃し

うっかりして、寮の夕食を食べ逃しました。
くそ~、そうだった!金曜日は時間が早いんだった・・・。

というわけで、同じく夕食を逃した友達「ザンビア」と近くのアジアレストランまで食事に行きました。
ここには日本のキリンビールが置いてあるので、もちろん飲む。
冷たくて、懐かしい味。やっぱ、生ビールですね!!

私は焼きうどんを注文。この前食べたとき、美味しかったから。
やっぱ、うどんですね!!
中国系の人が経営しているので、日本のものとは違いますが・・・。
メニューには、「Yakiudon」って書いてあります。
うどん、真っ黒・・・。ナルトも真っ黒・・・。でも、なかなかイケます。

「ザンビア」は、大英博物館でインターンをしていますが、JAICAで募集しているヨルダンでの仕事にも興味があるようで、どうしようか悩んでました。
ヨルダンか・・・。
なんだかでっかいですねぇ・・・。

夕食後、図書館に行こうと思ったら、閉まっているじゃないですか!
くそ~、そうだった!金曜日は閉まるのが早いんだった・・・。
恐るべし、金曜日。
逃しっぱなしです。

今度から気をつけよう。うん。
[PR]
by londondays | 2005-05-28 05:01 | ロンドンの日々

Mary Poppins・・・

ついに、ずっと行きたかった『メリー・ポピンズ』のミュージカルを見てきました!
15ポンドはかなり視界が遮られるということなので、奮発して25ポンドの席。
ステージは一応全部見れました。かなり高いところにあったけど・・・。

内容は、もちろんディズニー映画になった『メリー・ポピンズ』が基礎になっていると思います。
完全に同じではなかったですけど。多分。(映画うろ覚え)
原作は小学生の時に読みましたが、あんまり覚えてないのでなんとも言えません。
原作を読んだ後、メリー・ポピンズって結構厳しい・・・と思った記憶があるので、ミュージカルのメリーは、やっぱり映画の方の楽しいメリーだったかな。

そういえばこのミュージカル、公開直後「怖いシーンがあって子どもには不向き」という警告がされていました。もしかしたらもう修正したのかもしれませんが、おもちゃが子どもたちを追い詰めるところは怖かったですね。私は、かなり。

懐かしい音楽には本当に楽しめました!
「2ペンスを鳩に」とか「チムチム・チェリー」とか。
ダンスもすごかったです。軽快な音楽と、ミュージカルらしいダンス。楽しい!

・・・それでも私、今日は半分も楽しめませんでした。本当はもっと楽しいはず。
というのは、後ろに座っていた老人グループがあまりに無礼な人たちだったから。
本当に腹が立って、泣きそうになりました。

劇が始まる前、友達と話していると、後ろのおばあさんがいきなり友達の肩を後方に引っ張って、「劇を見るときは後ろにもたれるんだよ!!」と。
「Excuse me」の一言もない。
しかも、劇が始まる前ですよ!
「すみませんが、劇が始まったら前に乗り出さないように気をつけてくれませんか」
って言えないのか、このババア!!
外国人の私だってそれくらい英語で言えますが?

私たちだって演劇を見るのは初めてじゃない。
前に倒れて後ろの人が見えなくならないように、いつも気をつけています。

始まる前にそういうことがあったので、一気に私たちのウキウキした気分は消え去りました。
見ている最中も、緊張。
前の前の人がかなり前に乗り出す人だったので、前の人も前に乗り出す。
よって前の人の頭でステージ真ん中が見えない。
でも、私が乗り出したら後ろの老人グループが文句を言うに違いない。
なるべく背筋を伸ばして、前に乗り出さないように気をつけていました。
それでも。
後ろの老人(男)、見えない部分があると席を蹴る蹴る。何度となく。
友達の後ろに座っていた老女も、何度も友達の席を蹴っていたそうです。
ほんっとに性質が悪い。

休憩時間、何か言ってくるかと思ったら、何も言ってこない。

後半が始まったら、また席を蹴る。
そして、演劇の最中に私の肩をたたいて文句を言ってきました。

「ステージが見えないんだよ!」
「私だって見えないんだよ!見てみなさいよ!(と前の人を指す)」
「ステージが見えないんだよ!」
「私だって見えないっつーの!!」

本当に腹が立った。
私だって、ステージ中央が見えないのを我慢して姿勢を保っている。
この老人は、少しでも私の頭で隠れる部分があると我慢できないらしい。
だったら25ポンドの安い席なんて買うなよ!!!
そういう不便も承知のはずの値段である。

その後もこの老人グループは、席を蹴る蹴る。劇中にしゃべる。
人にマナー教える前に、自分のマナーをなんとかしてくれ!

席を蹴られるのは本当にイライラさせられました。
なので、ヤツが席を蹴るたびに、前進してみる。
だって、蹴られる席なんて深く腰掛けていたくないもん。

蹴る蹴る→前進
蹴る蹴る→前進

この公式に気づいたのか、3回ほどで蹴るのをやめた老人。
やればできるじゃないか。よしよし、やっと学習したか。

後半は、そういうわけで劇に集中できませんでした。

帰り道、友達と語る。
バンクス家のわがままな子どもたちみたいに、イギリスの子どもってあんなにわがままなのだろうか。そういえば、イギリス人のクラスメイトが「イギリスの学校は(教師にとって)地獄」って言ってたっけ。
幼少期のみならず、年寄りになっても無礼なままのイギリス人。
救いようがない。
何が「紳士の国」じゃ。「紳士」なんて日本にいるときよりも会ってないわ!!
もちろん、素敵なお年寄りにも何度となく会ってきたので、一般化はできないが・・・。

結論。
「アイツら、メリー・ポピンズが必要だね。」

気持ちとしては、「楽しく解決」よりは階段から突き落としたい気分だったが・・・。
[PR]
by londondays | 2005-05-27 03:21 | 演劇

東のイメージ

夕食時、イギリス人Jamesが「お茶いる?」と尋ねてくれたので、ミルクティーをお願いしました。
寮の食堂で、コーヒー・紅茶・牛乳は自由に飲めるようになっているのです。(味は聞くなかれ)
どうやらその時カップがきれていたみたいで、グラスにミルクティーを入れてきた彼。

James:「ウォッカみたいになっちゃった。てへっ。」
私:「ウォッカ・・・。Jamesはウォッカとか飲むの?」
「いやぁ、ウォッカは飲まないねぇ。専らビールだね、やっぱり。」
「やっぱりビールかぁ。私はポーランドでウォッカ飲んだけど、美味しかったよ。」
「えっ!ポーランドのウォッカ・・・。大丈夫だった?」
「??うん、美味しかったけど・・・」
「ダメだよ、危ないよ!目が見えなくなるよ!!
「!!!!」
「東ヨーロッパのものはね、信用しちゃだめだよ!ダメダメ、キケンキケン。」

め、目が見えなくなるって・・・。教えてくれるのが遅いよ!もう何杯も飲んじゃったよ!!

しかし、ポーランドもEUの仲間に入ったことだし、もうちょっと信頼してもいいんじゃぁ・・・
私もポーランド人もに子に会う前は東ヨーロッパに危険なイメージを持っていた気がしますが、やはり西ヨーロッパ人は東ヨーロッパ諸国に対してまだまだ悪いイメージがあるみたいですね。
「イースター休暇はどっか行ったの?」と聞かれて、「ポーランド、ハンガリー」と答えると、みな一様に眉間にしわを寄せて「なんで???」ってびっくりしますからね・・・。
「ポーランドなんて行ってどうするの??」みたいなねぇ。

たしかにワルシャワは美しい町とは言い難かったけど・・・。
戦争で壊されちゃったんだからしょうがない。
「旧共産圏」の雰囲気は、他の西ヨーロッパ諸国と違った雰囲気で面白かったし。
不自然にだだっ広い感じとか。
ブダペストは本当に美しい街でしたしね。

まだまだEU内でさえ、西と東の隔たりがあるのかなぁ、と感じたのでした。
[PR]
by londondays | 2005-05-26 01:37 | ロンドンの日々

Star Wars!

先週の月曜日だったかに、『スター・ウォーズ エピソードⅢ』のプレミア会場に行ってました。
そう、風邪をひいて、エッセイにも追い込まれていた先週。
こういうイベントは欠かさない。私のいいところです(?)。

さて、今回もレスター・スクエアでプレミアがあったのですが、さすが『スター・ウォーズ』だけあって、映画館の前にステージが置かれ、『スター・ウォーズ』のテーマソングを生演奏してました。
これは、何気にかなり感動!!

ちなみに出演者も数人映画館の方へ会場入りしていたみたいで、映画館前で歓声が聞こえましたが、人がとにかく多すぎて、映画館には近寄ることもままなりませんでした。
とにかく生演奏が聞ければいいことにして、人をかき分けながら前へ陣取る。
正面には大きなスクリーンがあり、映画の場面が映し出されます。
それでもあんまり見えなかったけど・・・。イギリス人背が高すぎるんじゃ!!
ちなみにこの日はずっと雨が降っていて、傘をさす人がちらほら。余計見えない・・・。
雨は大降りではなかったので、傘をささない人が大半で、傘をさしている人に後ろから「傘たため」オーラを送る。
気づいて(?)傘をたたむと、後ろから歓声が起きてました。

レスター・スクエアの前には映画に出てくる戦闘機の一つが。
b0058659_0181569.jpg

寒さに耐えられなくなり、30分ほどテーマ・ソングの数々を聞いて帰ろうと移動し始めたとき、
ダース・ベーダーのテーマが!!歓声が起こりました。
やっぱり『スター・ウォーズ』と言えばダース・ベーダーですよね!
正面のスクリーンには、ダース・ベーダーの名シーンが映し出されました。

この日は頭の中でずっとダース・ベーダーのテーマが流れてました。
エピソードⅢも見に行かなくては!!
b0058659_0194832.jpg

[PR]
by londondays | 2005-05-25 00:19 | ロンドンの日々

ドッジボール

ベン・スティラーとビンセント・ボーン主演の『ドッジ・ボール』を見ました。

感想は・・・う~ん、あんまり面白くなかったかな、やっぱり。
いろんな人に「面白くないよ」って言われていたけど、やっぱりそうだったって感じかしら。
所々笑える箇所はもちろんあったけど、スティラーもボーンも特別面白くなかった。
スティラーはがんばっていたけど、キャラがすでにコテコテで面白くない。

ストーリーは、つぶれかけのジム経営者(ボーン)がスティラー経営の大型ジムにジムを買い取られないよう、借金を返すべくドッジボール・トーナメントに出場する、という話です。

ちなみにドッジ・ボールのルールも、知っているものとかなり違いました。
ボール6個もあるし。こんなにあったら大変ですよねぇ。
私もドッジ・ボールの正式なルールは知らないのですが・・・。

ボーンのチーム、「Average Joe」(アメリカのお見合い番組?の名前)のメンバーも、あんまり面白くなかったですね。コーチがボールの変わりにレンチを投げるのは面白かったけど。

そんなわけで、この映画はお勧めしません。
お金払って行っていたら、腹立ってたかも。
[PR]
by londondays | 2005-05-24 03:27 | 映画

Swan Lake@Royal Opera House

土曜日に、ロイヤル・オペラハウスで『白鳥の湖』を見てきました!

すごいすごいすごい!!
やっぱり『白鳥の湖』ってすごい!!

なんてったって、ダンサーがすごい。
くるくる回るし、軸足が全然動かない!!

王子、ジャンプ高っ!!!
オデット、羽みたい!軽い!!!

そして、舞台装置もすごい!!
さすがロイヤル・オペラハウスじゃ。

立ち席(6ポンド)だったので、足がプルプルしてしまいましたが。
うーん、やっぱり一度はいい席で見てみたいと思いました。
座って、ゆっくりとね。
立ち席でもステージ全体が見れた上、正面1階だったのですごくいい場所でしたけどね。

すごくすごく感動しました。
ダンサーが本当にすごかった。
全体で踊るところも、かなりピッタリ合っていました。

一幕目でダンサーの一人が負傷して交代する、ということがありました。
誰が変わったのかわからなかったけど・・・。

日本人ダンサーも2人いました。
ん?アジア系の顔してるなぁ~って思ってプログラムを見ると、日本人の名前が載っていました。
女性と男性1人ずつ。どちらのダンスも安定していて、素晴らしかったです。
どちらもかなり重要なパートを踊っていました。ソロもかなりあり。
日本人がこうやってがんばっているとやはり嬉しいですね~。
吉田都(よしだ・みやこ)にいたってはプリマドンナを勤めるレベルですから!
彼女のダンスも、帰国前には絶対見たいですね。

なかなか表現が上手くできなくて残念ですが、本当に素晴らしいバレエでした。
大満足!!
[PR]
by londondays | 2005-05-23 02:23 | 演劇

飲んだくれの週末。

気がついたら日曜日の昼。
金曜日の午後にドラフトを出してから、はじけてました。わたひ。

金曜日の夜:ギリシャ人、エレニとコスタスのName Day。パブで酒盛り。

土曜日の午後:Royal Opera HouseでSwan Lake。超感動。

土曜日の夜:友達のサヨナラパーティー。前日の酔っ払いぶりに懲りて酒はほとんど飲まなかったものの、午前1時まで現場に残る。

日曜日午後1時半起床。

なんだか一日が短い。昼まで寝てるからですね。
これから別の寮で上映される映画を見に行ってきます~。

明日から、明日からまたがんばります。
やらなきゃならないことが山積み・・・。
明日から、明日から。
[PR]
by londondays | 2005-05-23 02:03 | ロンドンの日々