ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー

<   2005年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Africa Live@The British Museum

26日、大英博物館で『Africa Live』というイベントがありました。
朝から夕方まで、大英博物館はアフリカ文化一色!
時間が無かったのであまり長くはいられませんでしたが、すごく楽しかったです。

まず、大英博物館の裏口(?)にアフリカ音楽の演奏隊が!
打楽器を打ちながら、女性が踊る。
動きがすごい~!!!
すごく自由な様でいて、複雑。

博物館内では、民族衣装を着たおじさんが子どもたちにアフリカの民話を語ったり(英語)、
いろんなワークショップがあったり。
と、「ザンビア」発見。

ザンビア:「今日はいつもの倍以上は人が入ってるね~。」

ザンビア曰く正面入り口のステージが面白いらしいので、行ってみることに。
現在正面入り口の脇にはアフリカの庭(?)が再現されていて、面白い植物やらの庭があります。
その前でアフリカの大道芸(?)が披露され、反対側には巨大なステージが設置されていました。

時間をつぶしてからまたステージ前に戻ってきて、アフリカの子どもコーラスを聞くことに。
これが可愛いのなんの!!
10歳くらいの小学生中学年~高学年の子どもたちが30人ほどステージに上がり、踊って歌う。
男の子は右肩と左足にフサフサの衣装をつけ、女の子は黒っぽいワンピースで踊っていました。
すばやいステップと、軽快な全身を使った踊り、そして元気な歌声。
思わずにんまりしてしまいました。
男の子が踊ると、フサフサが揺れてかなりかっこいい!!
一番最初に歌って踊った曲は、アフリカ~って感じがして、ミュージカル『ライオン・キング』を見ているようでした。2番目の曲以降は、英語の歌もあったりして、ジャクソン5みたい。
観客もかなり盛り上がっていました。

そんな可愛い子ども達を見て、ちょっと最近イギリスで起きている事件が頭をよぎりました。
アフリカの子どもの「いけにえ」事件です。

毎年イギリスの学校からアフリカ系の子どもが大量に行方不明になっているらしく、
子どもをアフリカの儀式の「いけにえ」として虐待したり、殺害する事件が起こっているようです。
数ヶ月前に読んだ新聞で、全身の皮を剥がされて殺されたアフリカ少年の記事が載っていました。
この少年は「儀式」のためにアフリカから連れて来られたようでした。
・・・本当に恐ろしい事件です。

貧困やエイズといった問題の他に、アフリカはまだまだこういった面でも遅れをとっています。
子どもを殺害したり、女性を虐待するのは文化とは呼べません。

アフリカのすばらしい文化を感じて、アフリカの抱える問題も考えさせられました。
[PR]
by londondays | 2005-06-28 07:28 | 博物館
今日はユアン・マクレガー主演の『Guys and Dolls』というミュージカルを見に行く予定でしたが、友達が「疲れて」いるため延期と相成りました。
この友達、「Live8」の友達と同一人物なんだが・・・(しつこい?)。
ムリムリ、もー本当にムリ。

まぁ、気を取り直して。

大英博物館でアルバイトをしている「ザンビア」コネで手に入れた(無料)チケットで、大英博物館の特別展示、「Mummy:the inside story」に行ってきました。
さすがに土曜日、かなり混んでいました。
30分間隔で映像が上映されるので、タイ人の友達と(+その友達と)11時半の回に行くことに。
ところがどうやら次回の上映時間は11時45分だったので、大英博物館内のライブラリーで時間を潰す。ここは初めて入ったのですが、なかなか良かったですね~。静かだから、ここで勉強できるかも。古い机にはしかけ(?)があって、本を置いたり立てたりすることができるのです。
昔の人は賢い。

さて、マミー(ミイラ)。
会場5分前くらいに行ったら、長蛇の列が。
私がもらったチケットには時間の指定がされていなかったので、入れるかちょっとビクビクしてしまいました。が、無事入場。
実際に映像が流れる部屋に入る前に、ちょっとした説明ビデオがあります。
前に一回来て勝手は知っているので、この間に人を掻き分けながら奥の入り口近くまで進む。
古代エジプト画の人の目をかたどった3D用サングラスをかけて映像が始まるのを待ちます。
係員のお兄さんが上映中の注意を話して、上映開始!
ミイラの棺がぐい~んと現れて、イアン・マッケランの語りが始まります。
なかなかの迫力!
「ザンビア」曰く、前から4列目が良いということなので、今回も4列目で見ました。

きれいな状態で発見され、保存されてきた一体のミイラ。
状態を保ち腐敗を防ぐために、布と粘土で覆われたその体を開くわけにはいかず、
また、外側にはきれいな装飾が施されており、それを傷つけるわけにもいきません。
というわけで、CTスキャンでもって内部を調べ、年齢、死亡した理由、内部の様子、身長や骨格、筋肉のつき方などが解明されていきます。
いやー、面白い!!
3000年も前に死んだ人のことがこんな風にわかるなんて!
しかも3Dで見られるので迫力もあり、かなりの大興奮です。
ヒエログリフが浮かんできたり、ミイラの体の中を立体的に「旅行」できるのがすごい!!

映像は正味20分程度で、その後実際に「主人公」のミイラ「ネスペランヌブ」に会うことができます。
3000年も前に描かれたとは思えないほど色もきれいに残っていて、絵の意味等についての説明もあります。
これは、大英博物館に足を運んだ際には絶対行ってみてほしいですね!(8月14日で終了)
この特別展示とミイラのコーナーは近いので、そのままほかのミイラを見に行くのも楽しいです。
ミイラを年代ごとに見ることができ、どのようにミイラの技術が向上していったのか、また地域別のミイラを見比べることもできます。
一緒に行ったタイ人の友達はもうミイラに恋(!)してしまっていて、前回一緒に行ったときも
「友達を紹介しまーす!」と行って、ミイラの部屋へ私を引率してくれました。笑

私も、これからちょっとミイラと仲良くなりたいと思いました♪
[PR]
by londondays | 2005-06-26 07:14 | 博物館
せっかく自分のパソを持って学校に来たのに、ワイヤレスがつながらない!!
シグナルはちゃんと受信できるのに、「ページを表示できません」のページになってしまう・・・。
やる気が急降下。
写真もいろいろアップしようと思ってたのに~。
腹立つ!!
[PR]
by londondays | 2005-06-26 06:21 | ロンドンの日々

徹夜明け

昨日から今日にかけて、ついに徹夜をしてしまったそうな。

やっぱり、私は少しでも寝ないとダメかもしれない。
と、徹夜してから気づく。
頭がぼぉ~っとして、午前中の記憶がほとんど無い。
見てるのか、見てないのか、焦点があってない感じ。
そして、肩こりがひどい!

9時半から私の「別荘」と化した寮の一室で、朝の7時までこもりっきり。
そして朝食を食べてから、午後1時までまたパソに向かう。
疲れた・・・。

だから早めに論文終わらせておけば良いものを。
と、毎回思うわけなんですが。
やっぱり、これは私の英語にかなりの問題があるんだと思う。
これとこれとこれを書こう、そしたら終り!と、思ってから1週間以上かかってしまう。
しかも時間が異様にかかるため、書いている間に書いている内容を忘れる。
しかも結局「これ」くらいしか書けない。

おおおお・・・・

辛かばい。

2本目のプルーフ・リーディングが戻ってきたので、これからまた書き加えたり直したりしてみます。
でも、今日は飲みに行きたい。
[PR]
by londondays | 2005-06-23 03:08 | 大学

暑い。

おとといから、ロンドンは猛烈に暑い。

日本の暑さに比べれば大したことないのかもしれないけど、とにかく暑い。
じっとしていればなんとか・・・。でも、ちょっとでも動くと汗がだくだくと・・・。
大体、建物が古いうえ、気温が高くなることを想定していないイギリスでは、冷房の設備がなっていない。
映画館でも、冷房がないところが多い。
「エアコンつき」とかわざわざ掲示するくらい・・・。
日本人的には、「それ、当たり前じゃないんですか?」って聞きたくなるんだが・・・。
ちなみに大学ではコンピューター室くらいしか冷房が効いていない。
そんなわけで、私も只今コンピューター室に。
涼しい~♪

今日は特に雨が降ったせいか、ムシムシした暑さなのでね。
絶えられません。

私が住んでいる寮では屋根裏部屋という部屋があるのだが、部屋は蒸し風呂状態らしい。
なんせ建物が古いしねぇ・・・。
そんなわけで、昨日は寮の住民、部屋からベッドのマットレスを担いで空いている部屋に移動。

クリス:「暑くて眠れないよ~」

眠れないからってマットレス担いで移動する行動力もすごい。

あまりに暑いせいか、天気のいい日は公園で海岸に打ち上げられたトドのように寝そべるイギリス人たちも、さすがに木陰で寝転んでいる。
まぁ、どっちにしろ結局寝転ぶんだけれどもね。
しかし、よく芝生に直接寝転がれるものです。
私にはできないなぁ・・・。
しかもほぼ半裸で。男女とも。

暑い日には、車に乗っているおじちゃんも、公園を散歩する若者も、男性は上半身裸の人が多い。
女性はビキニとかね。
なんだか、亡くなった祖父を思い出す。(ビキニではなくて、上半身裸の方ね)
おじいちゃん、夏は基本的に上半身裸だったなぁ・・・。
ワイルドじーちゃん。なつかしい。

また、女性がお腹を出して徘徊する(スタイル良かろうが悪かろうが)季節がやってきた。
[PR]
by londondays | 2005-06-20 23:38 | ロンドンの日々

提出完了。

ミッション1、コンプリート。

2日後に向けて、もう一つの課題をがんばります。

めんどくさ・・・
[PR]
by londondays | 2005-06-20 23:08 | ロンドンの日々
今日は課題論文の提出日です。

本当は2つの課題論文の締め切りは同じ今日なのですが、片方はfirst draftのフィード・バックが遅かったので、期限が少し延長されました。
もうひとつの課題論文は、22日が締め切りです。

というわけで、結局今日の午前3時まで今日提出の課題論文を完成。
「もう少しで終わる・・・」と思ってから1週間・・・。
道のりは遠かった。
結局、今回もあまり納得のいく論文が書けず・・・。
予定していた議論をいくつも諦めて、かなり簡素なものになってしまいました。
あーあ。

まぁそんなわけで、今はお友達にプルーフ・リーディングを依頼中。
英語の間違い、表現の不透明さ、論文形式やレファレンスの間違いなどを探してもらいます。
お金かかるけど・・・これをしてもらわないと、私の場合落とされる可能性大なので・・・。
とにかく早く提出してしまいたい。

そして、次の課題論文に取り掛からなくては・・・
[PR]
by londondays | 2005-06-20 18:21 | 大学

死ぬということ 2

自殺について その2

一連のトラック・バック合戦ですが、この手の議論はトムコルソさんとよくやるものなので、ご心配なく。喧嘩しているわけではありません。念のため。

トムコルソさんと私の議論の食い違いは、お互いの立場の違いにあるかもしれない。
トムコルソさんは、自殺する人の立場。
私は、その周りにいる人の立場。

>>私は「死=安らぎ」という考え方が嫌いだ。
>現実に疲れきって、二度と目覚めなくていいからゆっくり休みたい、
と正直思うことって…普通はないんでしょうか?

こういう瞬間は、誰にでもあるのかも。
私にもある。
あなただけではない。(トムコルソさんをさしているのではありません)
でも、私の場合は、自分がそれを語ることよりも、そういう話を聞くことが多かったかもしれない。

ああ、この人、こんなに苦しんでいるんだ。
自分だけで精一杯なんだ。
私は、黙っていよう。
できるだけ、受け入れよう。

人間苦しむと、自分のことしか考えられなくなるのだと思う。
その人が特殊だったんじゃない。
それだけ苦しんでいるっていうことなんだ。
だから、その人のことをなかなか理解できずに苛立っている他の人にも協力を求めた。
今は、そっとしておいてあげよう。
私たちのできることをしよう。

>眠りたい(死にたい)人を自分のエゴで眠らせない(死なせない)のは、
「強制」ではないんでしょうか?

「エゴ」という表現をされると辛い。
きっと、私の願いもエゴだったかもしれない。
この人には、絶対いなくなってほしくない。
私が「この人が立ち直れれば・・・」と思ってしたことは、その人への「強制」だったのだろうか。
私がしたことは、その人にとって苦痛を長引かせることでしかなかったのだろうか。
もしかしたら、私は自分がしたことを正当化したいだけかもしれない。
どんなことをしてでも、生きていて欲しい。
そう思うことは、いけないことなんでしょうか?

>耐えられる限界までは耐えてほしいと私も思っています。
今後自分が享受するかもしれない幸せのこと、
今現在自分に幸せを与えてくれる誰かのこと、を一生懸命考えて。

>それこそ簡単に「生きている限りは可能性がある」とか言うことは、
むしろ本人の孤独感そして絶望感を強めることになるのではないでしょうか?

ここは、私の日本語が足りなかったのかもしれません。
トムコルソさんが上の段で言っていることと、「生の中の可能性」は、私が考えていることと同じです。

>>残された人間には、何の落ち度もない。
>そのとおりです。でも自殺したら、その人が全て悪いんですか?

ここも、私の日本語が誤解を招いたのかもしれませんね。
私は「どちらが悪い」という議論はしていません。
また、そういう議論したいとも思っていません。
トムコルソさんの「自殺について」で、

>しかし、生きていくことを苦痛としか感じられなくなった人に対して、
死という安らげる最後の手段さえ奪ってしまっていいものでしょうか?

という部分があったのと、私の「死ぬということ」で、

>残された人間には、何の落ち度もない。
でも、私だったら、自分を責め続けてしまうだろうとも思う。

と「残された・・・」という文の次の文で書いていることとの連鎖で書いています。
残された人には何の責任もない。それでも、やはり自分を責めて苦しむだろうし、「最後の手段を奪う」という部分にひっかかったからです。

周りの人がした努力、したけど報われなかった努力は、結局その人にとっては「苦痛」であり、「強制」なのだろうか?

そうであったら、残された人はやりきれないと思う。
[PR]
by londondays | 2005-06-18 18:39 | ロンドンの日々

死ぬということ

自殺について

あんまりブログで堅苦しいことを書きたくないし、まぁその前に大した考えがないのかも知れませんが、トムコルソさんの記事を読んで考えてみました。

>しかし、生きていくことを苦痛としか感じられなくなった人に対して、
死という安らげる最後の手段さえ奪ってしまっていいものでしょうか?

私は「死=安らぎ」という考え方が嫌いだ。
「死」を常に恐れろと言っているのではない。念のため。
死を目前とした人は、ある時点でそれを受け入れなければならない時がくるだろう。
ただ、私は「死」を一つの解決策とするのが嫌いである。
ちょっと話がズレるけれども、そう言った理由もあって「死刑」にも反対である。
(「死」が「安らぎ」ならば、刑罰として安らぎを与えるというのもおかしな話である。)
死は必ずやってくるものだけれど、果たして自分で操作していいものなのだろうか?
また、人が操作するようなものなのだろうか?
それって、すごく傲慢なんじゃないだろうか?

>それとも、苦痛の生を強要された人が、
いつか(立ち直って)感謝してくれる日がくるのでしょうか?

周りの人は「感謝してもらおう」なんて、少しも考えないと思う。
「感謝」する日が来るかどうかなんて、どうでもいいことである。
人間は誰しも自分勝手な生き物だ。
だから、その人に生きていてもらいたいいろんな理由があるかもしれない。
立ち直る手助けができれば、それに越したことはない。
それは「生の強制」とは違う。

>結局、私のような自分勝手なタイプが自殺をするのかもしれません。

自殺はそう簡単に語れるものではない。
自殺を「考える」のと、「踏み切る」ので、どこが境目で、何が引き止めて何が踏み切らせるのか、それは本当に人それぞれだと思う。
トムコルソさんの言う通り、「人の気持ちを思いやる」ほどの余裕が無いのかもしれない。
突発的に自殺する人もいるでしょう。
残された人間には、何の落ち度もない。
でも、私だったら、自分を責め続けてしまうだろうとも思う。

私は、絶対に死を美化したくない。
簡単に死を安らぎとして捕らえてほしくない。
悲しむ人がいることを知って欲しい。
生きている限りは可能性があるってことを考えて欲しい。

死が美しい言葉で綴られるのが嫌いだ。
死に酔いしれる人間が嫌いだ。
自分だけが苦しんでいると思っている人間が嫌いだ。

そんだけ。
[PR]
by londondays | 2005-06-18 02:10 | ロンドンの日々

ミーハーは執念深い。

イギリスで何かと話題のLive8
スコットランドで開かれるG8サミットでアフリカの貧困問題を一つの大きなトピックにするべく、ボブ・ゲルドフ氏の呼びかけにより集まった超有名歌手たちが行う大きなコンサートです。

参加アーティスト(Hyde Park, London)は・・・
Annie Lennox. Bob Geldof. Coldplay. The Cure. Dido. Sir Elton John. Joss Stone. Keane. The Killers. Madonna. Mariah Carry. Ms Dyanmite. Muse. Sir Paul McCartney. Pink Floyd. Razorlight. REM. Robbie Williams. Scissor Sisters. Snoop Dogg. Snow Patrol. Stereophonics. Sting. Travis. U2. UB40. Velvet Revolver

応募は、携帯のtext message(メール)で。
私も、送ってみました。もちろん。

・・・落選しました。ええ。

うぉ~!!!すっごくすっごく行きたかったのに!!
その割には1通しか送ってないけど・・・。

1.同じ人に何枚も届かないように配慮するはず
2.コンピューターでランダムに選ばれるということは、同一の番号は一つとしてカウントされるだろう
3.何通も送る人は大量にいても、1通しか送らない人は稀→選ばれやすい??

などど、ワケのわからないことをぐるぐる考えてしまったんですねぇ。
馬鹿丸出し。

まぁ仕方ないか(くそ~!!!)、と諦めていた私。
そんな折、一緒に応募した友達からメールが。

友達:「当たった」

ま~~じ~~で~~???!!!

友達:「親愛なるエレニ(ギリシャ人)とlondondaysへ。
    
    昨日、当選のテキストが来ました。
    でも、同伴できるのは一人で、2人のうち1人しか選べません。
    だから、悩みに悩んでもうすぐ帰ってしまうフォティニ(ギリシャ人)と行くことにしました。」

がーーーーーーーーん。
・・・そうか、フォティニもうすぐ帰っちゃうもんね。

友達:「今月末がフォティニの誕生日だし・・・」

・・・そうか、誕生日プレゼントとしては最高かもね。
グッド・チョイス。

凹みながらもメールを返す。
「フォティニを選んだのは、良い選択だと思うよ。楽しんできてね!」

・・・

(ここから性格の悪いブログになるので、心臓の弱い方はご遠慮ください。)

考える。

・・・そうだよ、2人から1人を選ぶの、辛いしね・・・

ん、ちょっと待てよ。
彼女は何人にも声かけてたんだ?
もともとペアチケットだってことは知っているはず。
自分が当選したら、どうしようと思っていたんだろう。
私は彼女と当然行くもんだと思ってたから、他の人には声をかけなかった。
だって、私が当選してもその人にチケットあげられないもん。

・・・私、単なる「保険」だったんですか??

自分が当選する→自分が行く(当たり前)
私が当選する→彼女を誘う
エレニが当選する→彼女を誘う
ケリー(台湾人)が当選する→彼女を誘う
フォティニが当選する→彼女を誘う

彼女がコンサート行ける確立は、なんと私の5倍!

すげーよ、あんた。
すげー頭良いよ。

確か、湖水地方への旅行、このコンサートのために一緒に諦めたよね??

あれ、ベッカムのイベントに誘ったの、誰でしたっけ?

ヒュー・グラントの時は?チャールズ皇太子の時は?

おまえのものは俺のもの、俺のものは俺のもの(ジャイアン)なのかい?
そういう態度なのかい?

ふつふつと怒りが沸いてくる。
イヤイヤ、あくまでも当選したのは彼女。私じゃない。
彼女のチケットを彼女の好きにするのは、当然のことである。

わかっている。でも・・・
でも、どうしても納得できなくなってきた。
私を選べとは言わない。
でも、彼女の「戦略」が気に食わない。

そこまで考えてなかったとは言わせない。
普段の様子からしても、年齢から考えても、これがあんたの戦略だったのね。
私、本当に無邪気だったわ。
馬鹿みたい。

※課題論文で心が荒れています。

私、本当に性格悪いなぁ~。
そんな自分にも腹が立つ。

日本のみんな、ロンドンでも私の性格の悪さは変わってないよ。
いや、きっとロンドンという大都会が田舎者の私の心を荒廃させたのかも・・・。

責任転嫁してみた。

論文が終わったら、もうちょっとナイスな人間になる予定です。少々お待ちください。
[PR]
by londondays | 2005-06-17 23:14 | 音楽