ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

この一週間、現実逃避をしておりました。

メールのチェックも怠っていました。

そんな間に、いろいろなことが起こっていたみたいです。

あまりにびっくりして、鼻血が小一時間ほど止まりませんでした。

もう、図書館が閉まる時間。

人生、本当に何があるか分からないですね。

論文は、延長戦に突入です。

あと2週間、がんばります。

メールも早いうちに返信します。返信が遅れて申し訳ないです。
[PR]
by londondays | 2005-08-29 01:00 | ロンドンの日々

窓拭きのお兄さん

朝、窓拭きのお兄さんたちがやって来た。

寮に一年以上住んでいながら、このお兄さんたちの存在を知りませんでした・・・。ええ。

え、窓拭いてたの??っていう。

朝、窓の外から声がして、開けていた窓が外側から閉められる音が。
その時私はまだベッドの中。
窓は開けていましたが、カーテンは閉めていました。

隣の部屋から労働者階級っぽい、みゃーみゃー言う声で、
「こっちも留守じゃねえ?」
「どーかなー。まだいるんじゃね?」
みたいな会話をして、私の部屋の窓を閉める音が。
(いかに隣の部屋の窓と窓が隣接しているか、おわかりでしょう!)

嫌な予感は的中、すぐさま私の部屋をノックする音が。
あわててベッドの中から「Yes, Yes, Yes!!」と大声で叫びました。
さもないと、合鍵ですぐ入ってくるので・・・。

「Here we go!(ほーらね!)」とお兄さんが話す声がして、
私がドアを開けた時には違う部屋をノックしているところでした。

パジャマでぼさぼさ頭の私を見た窓拭きのお兄さんは、気まずそうな顔をしながら
「窓・・・拭きにきたんだけど・・・」と言って苦笑い。
「後で来てくれます?」と私は言って、慌てて部屋を片付けました。
服を片付けて、ベッドを直して・・・。
あー、焦った焦った。

何度かいきなり部屋に人が来ることがあって、
2回くらい、中にいるにもかかわらず合鍵で入ってこられたことがありました。
心臓に悪い・・・。気分も悪い。

来る時には事前に連絡をしてほしいものです!
一応女の子が住んでいるんだから!!
[PR]
by londondays | 2005-08-19 20:13 | ロンドンの日々

転落間際

ねーさん、無理です。

修士論文が書けません。終わりません・・・。

コースワークの方は無事にすべてクリアしましたが、
修士論文、無理です。
絶対終わらない。
終わっても、落ちそうな気配のする内容・・・

もう訳が分からなくなって、また読みに走っています。
か、書けない・・・。

完全夜型の生活になってきた私。
午前4時に寝て、10時に起きる生活。
というか、10時ころ目が覚めるものの、
現実逃避のせいか、体が拒否してなかなかベッドから出られない・・・。
寝るときは、心臓がハラハラして、頭は疲れているのにこれまた興奮していて、
なかなか寝つけません。
ベッドに入ってから1~2時間、天井を見つめてボーっとしてます。
生活習慣を変えたいけど、無理そう・・・。
どーやっても、なかなか眠れないんだもん!!

修士取れなくても、死ぬわけじゃなし・・・
諦め加減の自分もいます。

でも、残りの滞在期間を楽しむために、どーにか終わらせたい!!

ああ、やだやだ。
考えると吐き気がする・・・。
[PR]
by londondays | 2005-08-19 19:53 | 大学

国歌

日本では毎年いろいろ問題になる国歌。
これって、日本だけの問題なのかなぁーと思っていましたが、そうでもないってことに昨日(!)気がつきました。

別の学生寮でBBQパーティーがあったので、肉をもりもり食べ、
まったりとしてきたところで、台湾人の友達が、歌を歌おうと。

なぜ、歌??(しかもアカペラ)

突っ込みどころ満載のこのゲーム。
なぜか成り行きで、一人ずつ歌を歌うゲーム(?)をすることに。
パーティーがだれてきたのと、その台湾人の友達が歌うのが好きという理由だと思いますが・・・

シャイな日本人の端くれとしては、全っっっっく気が乗りませんでしたが、
男前な友達の友達のドイツ人と話すきっかけを作りたい、というそれだけの理由で
その場を離れられませんでした・・・。ええ。

で、何を歌う?という話になり・・・
ちなみにトップ・バッターはドイツ人ソニヤとその友達で男前のベンジャミン君だったのですが。

アジズ(アフガニスタン)「国歌は?国歌ならみんな歌えるでしょ?」

イェン・シン(台湾)「そうだよ、国歌がいいよ!!」

ソニヤ「国歌はちょっと・・・」

ベンジャミン君「国歌・・・国歌はね、ドイツ人は歌うのを拒む人が多いんだよ。
          ほら、歴史的なことでね・・・。国歌に誇りを持てないんだ。」

ということで、結局ベンジャミン君が一人でOasisの『Wonderwall』を歌いました。
「私、その曲大好き!!」とアピールしてみるも、あっさりかわされました。ちっ。

しかし、国歌が自信を持って歌えないのは、日本人だけじゃないんだ~ってびっくり。
ドイツ国歌がどういう歌詞なのか知りませんが・・・きっと歴史上良い思い出がないんでしょうね。

日本人も何か歌え!ということで日本人Kさんが一人「君が代」を歌いましたが・・・
隣に座っていた日本人Rさんは「ノー!!」を連呼していました。
「日本人もね、歌う歌わないで議論があるんだよ。歴史と歌詞でね。」と説明。
そんなわけで、私は「大きな栗の木下で」を歌いました・・・オイオイ。
だって、これくらいしか全部歌詞を覚えている曲がなかったんだもん!!
もちろん、振りつきです。

アフガニスタン人、アジズは「一昔前」のアフガン国歌を歌いました。
きれいな歌だったので、「どういう詩なの?」と聞いたところ、
「『どこにいても、この国を誇りに思う』っていうような詩だよ~」と言っていました。
この歌はタリバン政権以前かなにかの歌のようで、
「今の国歌は歌詞にイスラム教色が強くなっていて嫌だよ」と言っていました。

国歌にもいろいろあるんだな、と興味深かったです。

ちなみに歌好きの台湾人、イェン・シンが歌ったのはテレサ・テンの曲・・・
やっぱり台湾人の誇りみたいです、テレサ。
[PR]
by londondays | 2005-08-15 06:53 | ロンドンの日々

先学期の成績。パート2

戻ってきました。成績。1個だけ。

とりあえず、落ちていませんでした。ホッ。

くっそー、日本での学部時代は単位が落ちる恐怖なんてほとんど無かったのに、
こっちに来てからは落ちることが怖くて怖くてしかたがないんです。

成績なんてどうでもいい。
論文が通っていれば、それで満足。

先生のコメントでかなりつっこまれていましたが、
もーいいもん、通っちゃえば。

・・・どこまで目標の低い人間になっているんだ、私は。

しかーし!心配なのはもう一つの方。
こっちは、本当に落ちている香りがします。ええ。そりゃあもう、プンプンと。

気になる~、でも、今は結果を聞きたくない気も。
あー、でも、もうすぐ来るんだろうなぁ、成績・・・。
[PR]
by londondays | 2005-08-12 05:12 | 大学

夜のパソコン室。

論文の追い込み時期。
パソコン室でみんなカタカタと論文を打っています。そんな時・・・

「ひえぇっ!!!!」

急にギリシャ人エレクトラが叫んだので、つられて私も「ひっ!」と叫んでしまいました。
神経が高ぶっているので、みんなハッと息を飲み込みこんでエレクトラを見ました。

びっくり。
本当にびっくり。

エレクトラ自身も、自分が叫んだことにびっくりしていて、
「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と平謝りしていました。
彼女曰く、

「何かが聞こえた気がしたの・・・」

だそうです。

大学の幽霊ですかねぇ・・・

この部屋で苦しみながらも論文を書き、最終的に届いた通知は
FAILED」。
その後学位を取れないまま大学を去った彼女は失意のうちにこの世を去り、
魂だけとなった今、たびたびこの部屋に訪れては、
論文を書いている学生の耳元で呪いの言葉を囁くという・・・


ってな話でもあるのでしょうか。
というか、私がその幽霊になりそうな気配がします。あはは。
[PR]
by londondays | 2005-08-11 07:35 | ロンドンの日々
ロンドンにはいろんな人がいます。

いろんな人種もいますが、いろんな日本人もいます。

それってどーなの?日本人、私の勝手なランキング、第一位はというと、

「日本人を無視する日本人」

これじゃないでしょうか。

別に、日本人同士で話さなくても良いと思うんですよ。
別に、日本人と話すためにイギリスにいるわけでもないでしょうしね。

でも・・・

わざわざ日本人をあからさまに避ける理由は何なんでしょうか・・・

英語で話してくる日本人、一向に構いません。
私や私の友達も、日本人同士なのに、うっかり英語で話しているときはありますしね。

でも、彼らは「日本語を話さない!」という確固たる決意も別に無さそうなのです。

その証拠に、「一部」の日本人とは普通に日本語で話しています。
でも、基本的に、隣に座ろうが、同じクラスだろうが、目線を合わせない日本人がいるんですよねぇ。
・・・な、なんで?

意味がワカラナーイ。

事例1.
絶対に目を合わせず、グループで話していても日本人だけは見ようとしない日本人N君。
「日本語で話したくないのかな?」と思ったので、
とりあえず「Hi/Hello」で挨拶をしてみる(当時クラスメイト)。
・・・5回ほど無視されました。はい。

わ、私のことが嫌いなのかな?とも思いましたが(実際そうかもしれませんが)、
他の日本人も同様の扱いを受けた模様。
(ちなみに日本人ではないクラスメイトには超フレンドリー)

でも!でも!
昨年度のMA日本人とは平気で日本語トークをしているじゃあありませんか!!
な、なんなんだ・・・?

事例2.
同じ寮に最近入ってきた日本人女性。
同じクラス(?)の日本人男性とは話している様子をみかけました。
が。
それ以外の日本人とは目も合わせようとしません。
もちろん挨拶もしません。日本人には。

まぁ、来たばっかりだし気合が入っているのかな?と思って気にしていませんでしたが、

先日、逃げられました。

台湾人の友達と寮の前で話していた彼女。
私が寮から出てきたのを見て、台湾人の友達が
「学校行くなら一緒に行けば?」的なジェスチャーをしたところ・・・

走り去りました。
私の前から・・・。


え?え?なんかすごい用事でもあるのかな?と思ったら、
普通にコンピューター室でインターネットしてるじゃないですか・・・。

この方は、結構いい歳したおばさまで、
おそらく日本で教師をやっている方だと思うのですが・・・

そ、その態度は、いくらなんでも社会人としてどうなんでしょう・・・
というか、人間としても。

こんなに非社交的でも教師ができるのだろうか?と思い、
教員Rさんに聞いたところ、
「教師なんて非社交的な人間ばっかりだよ!!」
とお怒りのコメント。

そ、そうなの?

私、一応教員を目指しているのですが・・・
ちょっと怖いなぁ。

でも、どう思いますか、こういう日本人?
変じゃないですか??
っていうか、本当に、何?何なの??

変だけならいいのですけど、
やられたほうは結構傷つくんですよね。

・・・このネタでリサーチしたら、すごく面白い論文になりそうです。
どなたか、研究してください!!
[PR]
by londondays | 2005-08-10 05:21 | ロンドンの日々

夜の散歩。

昨日は友達と飲み(?)に行ってきました。
メンバーは、日本人Tさんと、ドイツ人ソニヤと、Tさんの友達イラン系イギリス人ニーク。

昨日の時点で喉が痛かったので、一杯飲んで消えようと思っていたのですが、
結局テームズ川まで歩いてきました・・・。

そういう訳で、修論のこともあるし乗り気じゃなかったわけですが、
何気になかなか楽しかったです。はい。

初めて行った、ホルボーン駅近くのパブがなかなか良かったです。
まず、外見の美しさに圧倒されたのですが、ビールの種類が多くてびっくりしました。
というか、見たこと無いビールばっかり!

結局、体調も良くないことだし、りんごでできたサイダーを飲みました。(アルコールあり)
ちょっとりんごの香りがして美味しかったけど・・・1パイントは多すぎました。
途中で飽きてしまいました。

Tさんとニークが散歩(?)コースを考えてあったようで、
とにかくソニヤと私は何も分からずついていきました。

というわけで、次はコベント・ガーデン。
Tさんがチップスを買って、みんなで食べながらコベント・ガーデンを抜けてテムズ川へ。

夜のテムズ川は相変わらず綺麗でした。

橋を渡ってみることに。
歩いたコースが、去年の今頃クラスメイトと歩いたコースと同じで、懐かしくなりました。
カタリーナ(キプロス)がバレリー(中国)の文句言ってたな・・・とか思い出したりして(笑)。

またテクテク歩いてトラファルガー・スクエアへ。
人がいなくて、暗かったトラファルガー・スクエア。
月曜日だったからか、テロの影響なのか?
去年の7・8月はいつ来ても観光客がわんさかいたのに・・・。

SOHOには人がわんさかいました。
SOHOにはいつ来ても(夜は)人がいますね~。
見つめ合う男性カップル・・・
楽しそうです。

ニークのお友達が先週お財布を盗まれたという話を聞いて、どきり。
私のお財布は大丈夫そうでした。
夜は、気をつけないといけませんね。

ここで、ニークお勧めのイタリアン・カフェでカフェ・ラテを飲みました。
味が濃くて美味。
なかなかSOHOのお店って入りにくいのですが、これからは入れそうです(笑)。

というわけで、帰宅。
遠くまで歩くと思っていなかったので、サンダルだった私。
アキレス腱が痛くて痛くて・・・。
まだ1時前でしたが、ベッドに倒れこむように眠りました。

まぁ、たまにはいいか。
でも、次回は論文の後に・・・
[PR]
by londondays | 2005-08-10 04:44 | ロンドンの日々

風邪

ひいちゃいました、風邪。

来そうだな~とは思ってたんですけどね・・・。
友達が最近風邪にかかってて、私も精神的にも肉体的にも弱っているところだったので、
がっしりキャッチしちゃいました。風邪バトン。

喉の痛みから始まり、今は鼻水ずるずるで頭がボーっとします。

ボーっとしている場合じゃないのですが・・・。

ああ、焦る焦る。
[PR]
by londondays | 2005-08-10 04:21 | ロンドンの日々

長崎の日

今日は、長崎に原爆が投下された日です。

ロンドンでは、ウェストミンスター・チャーチでセレモニーがあった後、バタシー・パークの小川で灯篭流しがあるようです。

犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by londondays | 2005-08-09 20:16 | ロンドンの日々