ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Athens

はーい、こちらアテネのlondondaysです。

ただいまインターネット・カフェで書き込み中。
あと10分で出なくてはいけないので、ちょっとだけ書き込み。
キーボードが硬くて打ちづらい・・・。
アテネ4日目。明日イスタンブールに向けて旅立ちます。
アテネではエレニ宅に泊まらせてもらい、きれいな部屋でゴロゴロしたりしてます。
快適!!
あと、エレニのお兄ちゃん、アキレウスがめちゃめちゃかっこいい・・・
な、何しに来てるんだって感じだけど・・・。
昨日はアクロポリス(パルテノン神殿)に行ってきました。
かっこよかったぁ!!
やっぱり気候は暖かくて、いまでも半袖。
ギリシャは良いところやぁ。
あと、やっぱり美男美女が多いこと。
セクシー系の女性が多い。
グラマーなのね。やっぱり。
ギリシャに移住しようかなぁ。

そんな感じです。(どんなかんじだよ)
これから友達のお家でランチです☆
[PR]
by londondays | 2005-09-29 18:40 | ヨーロッパ旅行

旅立ちます。

ついに、明日旅立ちます。

運が良かったら、トルコあたりで書き込みができるかも。
しかしこのブログ、長期間放置される可能性があります。
一ヶ月後くらいにはまたアップしていきたいなと・・・
アテネ→トルコ→ブルガリアまでしか旅のプランができていません。
どーなることやら・・・

あー、ドキドキ!
無事に帰国できるように気をつけます!!
[PR]
by londondays | 2005-09-26 04:05 | ロンドンの日々

日本語

隣に座っているイギリス人(?)が日本語で日本人と会話している・・・
「ええ」「はあ」「うん」「わかります~」で相槌打ってる・・・。
すんごい自然。

こういう状況に会うと、正直
やっべぇ~・・・
という気持ちになる。

なぜなら、どうせ知らないと思って、日本語でべらべら喋っている場合があるから。
すぐそばの人の噂話とか。
例えば、「前に座っている人かっこいい~」とか。

しかし、ロンドンには日本語を喋れる人が多い。本当に。見かけ話せなさそうでも。
大学が始まったばかりの時、イギリス人クラスメイトが日本人クラスメイトと一緒にいて、
「あー、この人授業中によく喋りますよね」と日本人の友達に言いかけ、
そのイギリス人が私に流暢な日本語で話しかけてきて息が止まりそうになったことがあります。
あの時は本当に変な汗をかきました。はい。

どうやら隣のイギリス人、日本の証券会社にいたらしい・・・。
日本にも住んでいたみたい。
日本語勉強中の様子。
日本人の先生、プロっぽい。
綺麗な日本語を使っています。

イギリス人:「・・・でも、大家さんに会ったら、寒かった・・・」
日本人の先生:「あ、それは(寒い)じゃなくて(冷たい)ね。」


私はてっきり、大家さんがサムイ感じだったのかと思った。さすが日本人の先生。

しかし、別の言語を話すと、話し方もその言語の人間みたいな物腰になりますねぇ。(観察継続中)
イギリス人、日本語話していると、なんだか腰が低い。
相槌も、笑い方も、座り方も。大きな体が小さくなっている。なんとなく。
本当に日本人みたい。
不思議ですねぇ。

私も、英語を話しているときはきっと違う態度かも。
不思議ですねぇ。
[PR]
by londondays | 2005-09-24 03:05 | ロンドンの日々

アメリカ英語

ふと思ったのですが、
男性のアメリカ英語ってセクシーですね。

い、いきなりなに言ってんだって感じですが・・・。

なんか、アメリカ英語を話している男性は自分に自信がありそう。
イギリス英語話している人(つまりはイギリス人)よりも・・・
国民性の違いかもしれませんけどね。
自分に自信がある人は魅力的だと思う。
得意不得意で言ったら、そういう人は不得意なんだけれども。

ちなみに、アメリカ人とカナダ人の英語の違いは全く分からない。
ってか、違うんでしょうかね、やっぱり?

なんでこんなことを思ったのかというと、今年はアメリカ英語をよく聞く気がするから。
そろそろ大学では新年度が始まるのですが、今年は寮に同じ大学の傘下である
経済系の学生が結構います。なにやらそっちの大学の寮が改装中らしく。
教育系のウチの大学とは違い、アメリカ・カナダの学生が多い様子。
しかも、男性が多い様子。

・・・経済を学んでいる男性・・・
あれかい?ゆくゆくは結構お金持ちになっちゃう感じかい?
(少なくとも教師よりは。)

・・・やだ、来る年を間違えちゃった?
っていうか、来る大学間違えちゃった??

後悔先に立たずである。
はぁ。

あーあ、私の留学は本当に終わっちゃうんだなぁ。
[PR]
by londondays | 2005-09-24 02:27 | ロンドンの日々

ステファニー帰国。

台湾人の友達、ステファニーが帰国しました。

彼女とはフランス旅行も一緒に行った、大が付く仲良し。
その分いろいろ嫌な面も見えたりしましたが、まぁお互い様でしょう。

彼女は早めに論文を提出し、25日間だったかのヨーロッパ旅行を終えたばかり。
2日間だけロンドンに滞在し、今日帰国の途につきました。
先の計画を立てるのが不安な私とは逆で、計画が常に立っていないと不安な彼女。
バスツアーに参加し、医者にかかるほど虫にさされまくり、風邪をひいて帰ってきました・・・。
ひ、一人でこういう状態になった場合、どうしよう・・・。
ちょっと不安。
彼女の話では、やはりバスツアーでヨーロッパを周る場合移動に時間がかかるようで、
丸一日バスで移動中、ということもしばしばあったようです。
次は一人で旅行する!と断言しておりました。

そんなこんなで近くの地下鉄までみんなでお見送り。
荷物が大量にあり、スーツ・ケースのほかに大きな鞄が4つ・・・。
これは機内持ち込み無理なんじゃあ、と思いましたが、
とにかく彼女は去っていきました。
無事に荷物と一緒に帰国できるといいんですけどねぇ。

別れる時は、また会える気がすごくしたので、悲しくはありませんでした。
台湾近いし。
結婚式には呼んでくれるらしいので、それまでにお金を貯めなくては!
[PR]
by londondays | 2005-09-24 02:02 | ロンドンの日々

リチャード2世

ええと、つまらなかったです。

ケビン・スペイシー好きだし、シェイクスピア好きだしってことで見に行ったわけですが、
途中で帰りたくなってしまいました・・・。

現在Old Vic Theatreではケビン・スペイシーがArtistic Directorをしていて、
このリチャード2世もケビン・スペイシーが主演・監修です。

舞台を現在の王室にしており、大きな画面を使い、物語を王室のごたごたとしてテレビ番組化したりするのは面白い試みだと思いましたが、あまり上手くいっていない気がしました。
現代にも通じるということをいいたかったのかも知れませんが、
普通にやったほうが良かったんじゃない?と思ってしまい・・・。
私自身がシェイクスピアの歴史ものが好きじゃないというのも大きく影響しているとは思いますが。

スペイシーはやはり独特の雰囲気(キモい感じ)が良かったですが、
もしかしたらこの人、古典劇では光らないんじゃあ・・・と思ってしまいました。
シェイクスピア英語が、スペイシーの魅力を半減している気がしました。
動きがクネクネ(?)しているあたり、王様っぽい感じはしましたけれど。
そういう訳で、良かったけど、特別良くはありませんでしたね。

個人的に面白いと思ったのは、この夏見学した国会議事堂が舞台だったということ。
あ、ここは貴族院(House of Lords)の会議室だ、とか、廊下にも見覚えがあったり、
王座がこんな感じだったよなぁ、と思い出したり。
貴族の話し合いの場をHouse of Lordsにしたのは面白いと思いました。
部分部分でテレビカメラに向かって話すのも面白かったですね。

というわけで、現代化という試みにへぇ~と関心することはありましたが、
やっぱりつまらなかったんですねぇ。これが。
まぁ12ポンドで見れたからよしとするか。
座席はかなり空席が目立ったので、開演間際のリターン・チケットでも十分取れた状態でしたね。
あわててチケット取ることなかったぁ。
近くに座っていた若者グループは前半だけ見て消えました。
私の場合、先に物語をつかんでいなかったのもダメだったのかしら。
リチャード2世、日本に帰ったら読んでみようかな、と思いました。
そしたら何か分かるかも・・・。
[PR]
by londondays | 2005-09-24 01:35 | 演劇

ばたばた

旅行の準備を進めています。
と、同時に帰国の準備もしているから大変。
帰国の準備というのは、パッキングや帰国便の予約の他に、
「ロンドンでのやり残し」を片付けるということも含んでいまして、
つまりは大慌てで遊んでもいるところなのです。

火曜日・・・「セールスマンの死」の舞台を見る(最高!!)

水曜日・・・「ペリクリース」をグローブ座で見た後友達と飲む

木曜日・・・「リチャード2世(ケビン・スペイシー)」の舞台を見る

3日続けて演劇です。はい。

土曜日は念願の(?)ストーン・ヘンジを見に行ってきます。
で、月曜日の朝アテネへ出発。

今日(木曜日)はやっと日本への荷物を預け、ポンドをユーロに替え、
バック・パックを買ってきました。
なんとなーく旅が具体的になってきたかな。(旅行まで一週間を切っていますが・・・)
これから「リチャード2世」!ケビン・スペイシーの演技を生で見てきます。
帰ってきたらまた旅の準備を再開しなくては!
[PR]
by londondays | 2005-09-23 02:02 | ロンドンの日々

旅の準備

をしております。

いつも通り、ギリギリになってねぇ・・・。

えー、今日は「インター・レイル・カード」という1ヶ月有効のヨーロッパ鉄道パスを購入いたしました。
お値段285ポンド(26歳以下・5万5千円くらい?)で一ヶ月鉄道乗り放題です。
た、たしか・・・
ちなみに26歳以上だと、400ポンドちょっとするのかな?
こっちは年齢で値段が違うことが結構あります。

乗り放題なので(?)、旅の計画はほとんど立っていません。
なんとなくは決めていますけどね。
宿泊地は、最初の1泊しか予約していないし。
それからは、足でホステルを探すつもりで。ええ。
一ヶ月分の計画を立てるのは、無理だと思って・・・。

最初の目的地は、アテネ。
なぜかと言えば、友達がたくさんいるから。
エレニとフォティニをはじめ、ロンドンで出会ったギリシャ人の友達に会ってきます!
その後は、本当に何も計画していません。はい。

26日に出発です。
大丈夫でしょうか。はあ。
[PR]
by londondays | 2005-09-21 00:35 | ロンドンの日々

買い物の仕方。

ロンドン(イギリス)と聞くと、紳士淑女をイメージする日本人が多い。

・・・とんでもないですよ!!

ロンドンの食料品売り場等で驚くことは、
レジに通す前に商品を食べている!!
ということ。

主に、大人が、である。
少し食べるという程度ではなく、クリスプ(ポテト・チップス)を開けてぼりぼり食べながら
店を徘徊し、レジに通すころには袋だけ、とか、サンドイッチの箱だけ、
というのを何度となく見たことがある。

「食べていいのはお店を出てからね!」
なんて言っている親を見たことが無い。

どーなんでしょ、これ。

あと、イギリスにはバナナを歩きながら食べる人が(結構)いるが、
その皮を道路に捨てる!!
日本ではありえない、「バナナの皮ですってんころりん」が、イギリスでは可能なのである。

ど、どーなんでしょ、これ・・・

なにかにつけ、日本人の方がよっぽどマナーが良いと思う日々です。
[PR]
by londondays | 2005-09-19 22:00 | ロンドンの日々

Thames River Festival☆

17日と18日はテームズ川のお祭りがありました!
もちろん行って来ましたよ、2日とも・・・(行きすぎ?)

17日は一日使ってテームズ川沖をずーーーーと歩いてみました。
出店が出たり、メリー・ゴー・ラウンドがあってわくわく☆
グローブ座の前では、シェイクスピアとシェイクスピア劇の登場人物たちが遭遇!
b0058659_2052213.jpg

天気も良くて、すごく気分が良かったです。
いつもはウォータールーからグローブ座くらいまでしか歩かないテームズ川沖、
この日はタワー・ブリッジを越えてその向こうまで歩きました。
ここまで来ることは今まで無かったので、いろんなものを発見しました。
古い教会跡(壁だけ)とか、面白い建物とか。
あと、今更ボロー・マーケットを発見。
ロンドンでジャーマン・ソーセージのホット・ドッグをほおばる。
おいしかったぁ~。

この日はボート・レースもあって、タワー・ブリッジから人が競技者に声援を送っていました。
b0058659_2195481.jpg

その後は夕方ご飯を食べに寮へ戻り、夜のお祭りもちょっと見てきました。
ひ、一人で・・・。友達いないんで・・・

テームズ川の上のボートから霧を噴射し、映像を写すというものがありましたが、
やはり霧では映像は上手く映らず、何が写っているのかよく分かりませんでした。
「くそったれに良いアイディアだけどさあ、何が写ってんのか全然わかんねぇなあ」
と近くに立っていたお兄さん。
確かに・・・。
しかし近くに行って目を凝らしてみると、
なんと「鉄腕アトム」のアニメ(最近の)が写っていました!!
音楽にあわせてアトムが飛んでいたような・・・
なんでアトムなんでしょうねぇ。

18日は、花火を見にまたお祭りへ。今度は友達と。
花火の前にナイト・パレードがあったので、見てみました。
これが、かなり面白かったです!
ノッティング・ヒル・カーニバルよりも断然面白い!!
子どもがたくさん参加していたのですが、もう、ちょー可愛いし!!
b0058659_21151892.jpg

パレードの最後は、沖縄からエイサーのパフォーマンスが。
これまたすごくすごくかっこよかったです!!
ロンドンで、初めて沖縄のエイサーを生で見ました。はい。

そして、花火!
日本と違って、乱打して終わるロンドンの花火。
トイレに行っていた友達が半分ほど見逃し、
「えっえっ。もう終わったの??」とがっかりしていました。
花火、15分で終了しましたからね・・・。
イギリスで花火を見る際にはお気をつけください。
でも、日本の花火のフィナーレを最初から最後までやるので、
見ごたえはあります。

花火を見た後は、みんなお腹がぺこぺこだったので、
近場のチャイニーズ・レストランで遅めの夕食(11時)。
がつがつ食べてしまいました。はあ。

おかげで今日はちょっと胃もたれ。

でもでも、とっても充実した週末でした☆
[PR]
by londondays | 2005-09-19 21:24 | ロンドンの日々