ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Firenze

やっと日本語で打てる~!!

えー、現在私はイタリアのフィレンツェに来ています。
と言っても明日もう移動しますが・・・。
明日は夜行バスでバルセロナまで行っちゃいます。
バルセロナが一応最終目的地。
長いことブログもほったらかしにしていて・・・。ご心配おかけしました。
私は元気です。
って小学生の作文かって感じですが・・・。

この1ヵ月、いろんなキレイなものを見ました。
なんか、一生分の幸運を使い果たした気分。
これから一生不幸な人生を送ろうとも、それに値するくらい素晴らしい経験をこの一ヶ月でしたと思う。
私って、ラッキー。

プラハの橋でぼっとして、丘の上からフィレンツェの街を眺め、ヴェネチアで船酔いし、トルコのホステルで絶句し、ベルリンで鉄道に激怒し、アムステルダムで迷子になり、ブリュッセルでエスカルゴを食べ、韓国人に間違われ(何度も!!)、いろんな人に出会い、いろんなホステルに泊まり・・・

いやぁ、楽しかった。

もうすぐ旅が終わるかと思うと、しみじみ。
って言っても日本帰国まではあと2週間くらいありますが・・・
イギリスに帰っちゃえば大きな変化はないと思うので、大陸を思ってしみじみ。

というわけで旅もあと少しですが、気を抜かず、気をつけながら楽しんできま~す!!
[PR]
by londondays | 2005-10-30 06:22 | ヨーロッパ旅行

Munich

Hi!! I am in Munich, Germany.

I cannot type in Japanese so I type in English here...

Munich is really nice place!! I tried beer (of course!) and strange sandwitch - some kind of ham inside.

However.

I started feeling lonely. ...Kind of.

Although German beer is really nice, I did not really enjoy drinking it by myself. I need drink buddy, you know!!

...Sigh.

I had nice company in Salzburg so this might make me feel this way here in Munich.
I really enjoyed staying in Salzburg. The hostel where I stayed was really nice and a NewZealander in my room was really nice girl.
I joined free walking tour which was organised by hostel and it was really fun, too.
I definitely prefer Salzburg to Vienna!!
I did not like Vienna, actually.
The city was too big for me and Viennies were not nice either.
(I even feel Londoner is far nicer than Viennies...!)

Well, I will stay in Munich for three days.
I will go to see famous castle (dont know how to spell it...) near Munich tomorrow!
[PR]
by londondays | 2005-10-11 01:50 | ヨーロッパ旅行

Wien - Vienna in Austria☆

ただ今私はオーストリアのウィーンに来ています!

ウィーンは、かなり大きな街ですね。
もうちょっと、こじんまりまとまっているのかと思った。
ロンドンと比べて、断然「都会」な雰囲気。
道路が広い!!
お店もいっぱいあって朝早くから夜遅くまで営業してるし。
いろいろ便利だけど、ホステルから見所までちょっと遠い・・・。
ホステルは駅に近くて、超新しくて、超綺麗で、非の打ちどころがないですけどね!
8人部屋で15ユーロ。
部屋の住民も静かで満足。

昨日はウィーンに到着早々オペラ座でドニゼッティのオペラを見てきました。
劇場前に並び、立見席で2ユーロ。安い!
ずっと立ちっぱなしなので少し疲れましたけどね・・・。
しかし立見席、場所が早いもの勝ちなので、みんな必死に場所取りをし、
ハンカチやリボンでマーキング(場所を離れても戻ってこれるように)。
縄張り争いです。
うっかり変なところに立ったら、隣に立っていたオヤジにドイツ語で
「ここに立つな!」って怒られたし・・・。
殺気が漂う立見席 in Viennaなのでした・・・。

でもオペラはコメディーでなかなか楽しめました☆
帰りは遅くなったけど、同じく立見席で見たオーストリア人のおじさんと話しながら
ホステル近くまで歩いてきたので、問題なかったです。
一人旅は、現地の人と話す機会が増えるのも楽しいかも☆

これから本格的にウィーン観光します。
昨日はウィーンに着いたのが夕方だったから、何も見てないし・・・。
クロアチアからスロベニアを通ってオーストリアに入ったとき、
「ああ、西に来た」ってすごく感じました。
ちょっとホッとしたような、でもつまらないような、変な気分。
ちなみにクロアチアのザグレブはすごく綺麗な街でした!
治安も良さそうだったし、人もナイスだったし、ケーキ美味しかったし、大満足!

明日はモーツァルトの故郷、ザルツブルグに動きます!
[PR]
by londondays | 2005-10-08 17:52 | ヨーロッパ旅行

お腹をこわす

はい、こわれました、お腹が。

正露丸を友達に貰うも、全く効果なし。
つらい・・・。
お腹をこわしながらも更に食べようとする私に向かって、友達がドクター・ストップならず
フレンド・ストップ。
「お腹こわしてるんだから、プリンは諦めなさい!!」
と呆れられてしまいました。はぁ。
だって、プリン美味しそうだったんだもーん!

汚い話になるので詳しくは語りませんが、お腹がきゅーんとするっ。
なんでだろう。
やっぱりTシャツで寝てたからお腹を冷やしちゃったのかな。
あとは、やっぱり疲労かな。

昨日の夜、やっとキレイなベッドで眠れる!と思ったら、
夜から交代?した管理人が、すっごいうるさい子で・・・
なんか友達呼んでパーティーしちゃって・・・。管理人が。
夜中の1時半に、大声で歌を歌う。
夜中の3時半まで、友達と大声で話して笑う。
しかも、隣の部屋で。
うるさくてねむれないんじゃああああああああ!!

はぁ。

今日の管理人は大人しそうな子だから大丈夫だと願いたい。
明日昼にソフィアを出て、明後日の早朝、ザグレブ着です。
[PR]
by londondays | 2005-10-05 04:28 | ヨーロッパ旅行

Sofia

えー、ブルガリアは首都ソフィアからお送りしています。londondaysです。

昨日イスタンブールを発ち、ブルガリアのソフィアに入りました。
ホステルが安いのにすごく良い所で、今はほっとしています。

が。

今日は少し生命の危機(?)を感じました・・・。
イスタンブールから夜行列車に乗ったのですが、夜の10時に出て、ソフィアに着いたのが
今日の午後4時半です。
ええと・・・19時間近く電車に乗っていました。
しかも、寝台じゃなくて座るタイプの席。
しかも、寝ている間に変なオヤジがコンパートメントに入ってきた・・・。
友達が起きなかったら、物を盗まれるところでした。
私はその時熟睡・・・。
一人で乗っていたら、金品・パスポートを盗まれていたかもしれません。
怖かった。
しかも、電車はなんと5時間ちかく遅れました。
タダでさえ早く降りたいと思っているのに、ブルガリア入国後、電車の進まないこと!
1時間近く、電車が途中途中で止まるんです。
そして電車が止まっている時、人が勝手に電車に乗り込んで窓から部屋を覗くんです。
物乞いも来て怖かった。
時期的なものか、同じ車両に人がほとんどいなく、隣に日本人男性がいたのだけが救いでした。
国境を越える時には、寒空の中電車を降りてオフィスまで歩かされ・・・
これもちょっと怖かった。
しかも寒くなり始めたら部屋の暖房がきれ、寒いこと!

ね、最悪でしょ?

しかも、電車の車掌さんも英語をほとんど話せず、
ソフィアに着くと、そこは廃屋のよう。
旧共産圏とはいえ、ここまで首都が荒廃している街は初めて見ました。
野犬が駅を徘徊し、両替所でも英語が通じず、駅に人気がない!!
駅周辺は本当に治安が悪そうでした。
気持ちは下がる一方で、すぐさまこの街(ソフィア)を出たいと思いました。

ね、最悪でしょう??
しかし、ここからコトは好転していくのです。

予約したホステルの場所もいまいちわからなかったので、
歩いてきた老婦人とおばさんに道を聞いてみました。
すると、この2人がすごくすごく良い人達で!!
心配して道を教えるだけでなく、一緒にトラムに乗って、ホステルまで送り届けてくれました。
おばさんたちも場所を知っているわけではなかったのに、
タクシーの運転手に道を聞き、先導してホステルの建物まで連れて行ってくれ、
建物の2階にあるホステルまで確認して連れて行ってくれました。
ホステルのあるビルは、なんの表示も無く、他の建物同様壁が剥がれ落ちている古い建物。
ちょっと心配になったのだと思います。
そしてホステルは外側とは全く違い、中はすごくすごくキレイ!
ロンドンで住んでいた寮よりもキレイなんですが・・・
しかも管理人の女の子が日本語ペラペラ!
日本語の説明書きもあり、日本人の旅行者が・・・
と思ったら、巷では有名な(?)日本人宿だったみたいです。
私たちはインターネットで予約したので、まさか日本人宿だとは知りもしませんでした。

今は管理人の子に聞いてレストランに行って来た帰りです。
ブルガリア料理、美味しかった!!
私はチキンのクリーム煮とヨーグルト・スープ(!)、トマトライス(?)を食べました。
あと、プリンも食べた。笑
お腹いっぱい食べて、500円足らずくらいかな。
友達のメニューは300円以下でした。
このホステルはインターネットも無料なのでここぞとばかりに使い中。
日本人宿なので日本語も難なく使える!!
わーいわーい。

というわけで、私は無事です。
明日もう一泊ここに泊まり、明後日クロアチアのザグレブに向かいます。
今日の教訓を生かして、次は寝台車を予約します・・・
[PR]
by londondays | 2005-10-04 02:08 | ヨーロッパ旅行