ロンドン留学日記→帰国後はイギリスかぶれ英語教師の日記


by londondays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

侵入者

私は、「見間違え」が多い人間だ。
ちなみに「聞き間違え」も多いけどね。

視界の端っこに気配を感じて、結局何もないことが多い。

が。

昨日階段を上っていると、視界の端、階段の角に茶色い影。

ん。
んんっ?

二度見をしたとき、目が合ってしまった。

「ぎゃぁあぁあぁああぁあぁああああ!!」

一瞬認識できなかった、茶色くて、丸くて、白い目が二つの生物。

それが認識できるまでの時間は一瞬だったはずだけれど、
一度立った鳥肌と叫びは、止められなかった。

私の声にびっくりした?その生物は、
逃げるどころかこちらに突進してきたかと思うと、
脇をすり抜けて、別の部屋に駆け込んで行った。

よろよろして、親に助けを求める私。

「ね、猫が、チャトラがぁぁぁああ!!!」

チャトラ:
「茶色」の「虎縞」の猫。
近所の長老?猫で、とうに10歳は過ぎていると思われる巨大雄猫。
体を伸ばせば1メートル以上はあるんじゃないか。
年齢のせいか体重のせいか、全体の皮が垂れ下がり気味で、
そのまぶたの垂れ下がった目は脅しをかける前のヤクザの眼光そっくりである。
(そんな場面に遭遇したことはないが)
まさに平成の化け猫。猫又。妖怪。

チャトラの色が階段の壁と同化していて、
その不動の様子と、大きさで、一瞬猫と認識できなかった。
(ウチの猫さんより2まわり大きい)

「にゃにぃ」と追いかけていった母の後をよろよろとついていくと・・・
部屋の換気をしていた窓の網戸が、20センチほど不自然に開いていた。

「あんの化け猫がぁ~」

チャトラほどの「年季モノ」になると、窓とか網戸は簡単に開けられるらしい。
どうりで猫は「化け猫」なんて呼ばれるわけよね。
「化け犬」なんて、聞いたことないもん。

ウチの猫さんの餌が食べられたかもしれない、と腹立たしく思った。

・・・なんてくらいしか被害を予想していなかったなんて、甘かった。

1.台所の鮭の皮がミッシング

2.・・・・

チャトラは2階の、私の部屋の方向から頭を出した。
ちょっといやな予感。

私の部屋・・・クサッ!!

これはまさに、雄猫がすなるという、「マーキング」。
猫のおしっこの匂いに似ているけれど、匂いの強さは段違い。
鼻に、ツーンとくるこの匂い・・・
自分の部屋に入るなり、あまりの臭さに、クラッとした。

匂いの元を探し出そう。
そう思った私は、匂いの強いほうへ、クンクンすることに。

・・・ベッドが臭い。最悪・・・。

ベッドを懸命に嗅ぎまわったところ、角のある部分で、
強い匂いに、頭クラッ、目がシバシバ、鼻ツーン。

匂いの元を探し当て、余計落ち込んだ。

今日は部屋の換気を朝から晩までし、消臭スプレーなど乱用してみるものの、
効果なし。
というか、消臭スプレーで湿ったことで、匂いが復活?
シーツ類は洗えるけれど、ベッドのマットレスまで匂いがぁ・・・
あがががが・・・

特定の猫にこんなに嫌悪感を抱いたのは、初めてです。
チャトラが、憎い。


ああ、早く匂いがなくなりますように・・・
[PR]
by londondays | 2007-01-15 00:56 | 日本の日々

バンコク2日目

2日目は、無料でつけてもらったツアーに参加しました。

7時にホテル集合だったので、6時に起きて、軽く朝食を食べて、出発!
小柄で可愛いタイ人ガイドさんが案内してくれたよ。
私たち2人の他に、カップルが1組。
計4人のツアーです。
ワゴンに乗って、まずは「ワット・アルン」、通称「暁の寺」へ向います。
川を渡らなくてはならないので、ボートに乗りました。
反対の岸から見えたワット・アルンはキレイでした☆
b0058659_0141133.jpg

このボートがまたローカルな感じがしてよかったぁ。
「お坊さんの近くには座っちゃダメです」とガイドさん。
確かに、お坊さんの周りには空席が。
やっぱりお坊さんはすごく尊敬されているみたい。

ワット・アルンに着くと、軽くガイドさんが案内してくれて、
すぐに自由行動。
まだ朝早かったので、朝の光がお寺を照らしてキレイ☆
b0058659_0144447.jpg

中国から輸入された陶器を割って飾っちゃったという、模様もなんだか可愛らしい。
陶器の皿を割っちゃうあたりが、タイ人可愛い。
よく見ると可愛い柄も、全体で見るとなんとも美しく、
踏ん張っている鬼や人の像にはタイ人の力強さが感じられました。
b0058659_015957.jpg

b0058659_0152441.jpg

そして、またボートに乗って戻り、
次はエメラルド寺院で有名なワット・プラケオへ。

本堂の中にある、翡翠で出来た「エメラルド仏陀」は、冬服バージョン。
王様がじきじきに衣替えをするらしいです。
すごく高い場所にあるんですけど・・・
あまりに高いところにあるので、よく見えませんでした。
しかし、本堂自体がキラキラしていて、ゴージャスな感じ。
蓮の花を持ってお祈りをし、本堂の中でタイ風のお祈りの仕方を教えてもらいました。

自由行動で他の建物を見て回り、次は王宮へ。
「王様と私」の王様のモデルになったラーマ4世が建てた王宮は、
屋根がタイ風、その下は洋風のタイ洋折衷?
なんだか不思議な建物でした。
b0058659_0171036.jpg

ガイドさん:「ラーマ4世、外国大好き。」
庭造りも洋風で、ガルーダ型に整えられた植木などが。
b0058659_0161453.jpg

そして、ここからはツアー一番の踏ん張りどころ、宝石店・・・
辛かった。

そして巨大免税店。
ここでは人に頼まれていた、Jim Thompsonのスカーフを購入。

そして、お昼ごはんはホテルでビュッフェ。
タイ料理が大半だったけれど、お寿司もありました。
なんだか種類が多すぎて、何を食べたか覚えてません。

そして、ゾウさんに乗りに、サプラーン・エレファント・グラウンドへ。
車で一時間なのだけど、始め渋滞に巻き込まれたためか、
最後は運転手がすごく車を飛ばして怖かった・・・
そんな急がなくてもいいよって感じだけれど、
そういう訳にもいかないんだろうね。

パークでは、まずはゾウさんショーを見て、
b0058659_0163918.jpg

ゾウさんに乗りました。
ちょっと怖かったぁ。
あと、乗るときにゾウさんの首を踏むのに抵抗があった。
ゾウたちはすごく頭が良くて、逆立ちをしたり、
様々な芸を見せてくれたけれど・・・
あんまり厳しく躾されてなければいいけどなぁ、
なんて身勝手な心配をしたのでした。

さてホテルに戻ってツアーが解散したのは夕方ころ。
しばらくゴロゴロして、ムエタイに出発です!

時間がまだ早かったので、会場のあるルンピニーまで歩こうとするも、
途中で力尽き、結局地下鉄を使いました。
歩いている途中で色々買い物しちゃって・・・
新たに両替したら、気持ちが大きくなっちゃって、
ワコールの下着とか買っちゃったよ。
だって、安いんだもん!!日本の半額~3分の1くらい?

はてさてルンピニー駅からスタジアムまでの行き方がよく分からなかった私たち。
ガイドブック片手の日本男児3人組の後ろをこっそりついて行きました。
そして、無事スタジアムに到着。
チケット売り場の前に赤いジャンパーを来た職員(?)が話しかけてきました。
2000バーツ(約7千円)のリングサイドのチケットを買えと。
試合が始まってしばらく経つから、1800バーツにまけてやると。
一番安い1000バーツの席はキツイから止めておけと。(すべて日本語)
・・・うさんくさ~。
相方が1000バーツの席でいいと言うので、職員は無視して
一番安い1000バーツの席のチケットを買いました。

1000バーツの席は、たしかにキツかったぁ。
賭けに夢中のオヤジたちは、席の上に立って騒いでるし、
床は隙間だらけの木造で、ベンチも汚い。
しかも、私の靴は少しヒールのあるものだったので、
隙間にヒールが引っかかって、何度もひっくり返りそうになりました。

リングからはそんなに遠くは無くて、
ベンチの端っこに恐る恐る腰掛けると、
現地のオヤジが前の席を勧めてくれました。
一番前の席は、席を区切るためのフェンスが目の前にあって、
気分は「ファイトクラブ」か「スナッチ」か、
はたまた猛獣の檻に入れられた草食動物か。

試合は中学生くらいの子どもも戦っていて、
ちょっと複雑。
大きな選手の試合は、圧巻でした。
ボクシング・グラブにボクシング・パンツを履いて、
殴る、よりも蹴る。
3~5ラウンドになると親父が賭けを始めて、
蹴りが入るごとに「イン!」(と聞こえた)の大合唱。
私は、試合前の踊りの方が興味深かったです。
b0058659_0182336.jpg

一回だけ「ホントのムエタイ」の試合(?)がありました。
この時は、手には布を巻いただけ、パンツもピタリとしたもので、
頭の飾りも大きかった気がします。
試合前の踊りも気合入ってます。美しい!!
試合は日本のプロレスみたいなもので、
勝敗は最初から決まっている様子です。
でも、蹴りとかは本気でやっていて、迫力がありました。
とび蹴りがすごかった!
人の体を駆け昇って、顎に蹴りを入れるという。
すごいすごい!格闘ゲームみたい!
b0058659_0183712.jpg

そしてこの後、本日のメインイベント。
選手も大きめで、確かに一番迫力のある試合でした。
しかも3ラウンドKO。
相方曰く、ムエタイでKOはすごく珍しいそうです。
賭け始めたばかりのオヤジは、むしろがっかり?
でも、KOには会場が沸いたし、勝った方は、飛び跳ねながら喜んでいました。

地元民は賭けのために試合を見ているようで、
1・2ラウンドなんか、試合を見ないで、会場内にあるテレビでサッカー見てました。
しかも大きなスクリーンにもサッカーの試合が・・・

帰り道ではタイ人がみんな着ている、
王様の紋章が入った黄色いTシャツを買って帰りました。
[PR]
by londondays | 2007-01-05 00:18 | アジア旅行

バンコク1日目

朝、京王線で成田まで行き、
ANAでバンコクまで飛ぶ。

やっぱりANAフツウ。
また乗りたい気持ちには全然ならないよね。

さて約6時間後、バンコクに到着。
両替のレートが日本よりも良い。ガーン。

今回はツアーなので、現地のガイドさんと合流。
紙に「こっちからは出ないでください」
と書かれているゲートからまさに出た私たち。
「紙を読まないおバカさん」用のお兄さん(現地人)
に連れられて、本来のゲートへ誘導されるバカ2人(私)。

現地ガイドさんは元気なオバサンでした。
日本語もぺらぺらだぁ。(当たり前か)

そしてワゴン車でホテルへ。

今回泊まったのは、マンダリンホテルというところ。
ガイドブックを見ても、「日本人観光客が多い」としか
書かれてないし、ちょっぴり不安でしたが、
ないなか良いホテルでした。
ベッドも大きめだったし、テレビも冷蔵庫もあるし。
ちょっと良い日本のビジネスホテル。ちょっと古いけどね。
荷物も部屋まで運んでくれたよ。
小額のお金が無かった私達は、チップを払えなかったんだけど・・・

さて、バンコクに着いたのはもう夕方だったので、
夜の見所へ行くことに。
それは、ニューハーフショー
(タイでは「レディーボーイ」って呼ばれているらしい?)
タイと言えば、キレイなオカマチャンでしょ?というイメージがあった私たち。
さっそく同ホテル内にある、「パンダツアーズ」という旅行代理店で
調べてみることに。

あった。「マンボ(ショーパブ?)」のチケット。
お値段360バーツ(約1200円)。
多分、フツウに買うより安くなっている。
VIP(8列目まで)席だし。
と、言うわけで、すぐに予約を入れてもらいました。
完璧日本語で通じました。簡単!!

腹ごしらえに、チェックイン時にもらったチケットで、
ホテルの「パッド・タイ」という台風焼きそばを食べ、
シンハビール(90B)を飲みました。
美味しい☆
b0058659_2356888.jpg

そして、地下鉄Sam Yam駅からSukhumvit駅まで行き、
歩いてManboまで行きました。
歩道がボコボコのところがあって、何度も転びそうになりました。
しかもSukhumvit駅から結構距離あったぁ。
やっと「マンボ」を見つけたときは、ちょっと感動。
b0058659_23562212.jpg

「パンダ」から出してもらったクーポンを窓口で出して、
早めに席に着く。
8列目・・・(VIP最後尾)
でも中央よりでまぁまぁか。

だんだん人が入ってきて、ドリンクがサービスされました。
と、言ってもファミレスの水が入ってそうな小さなコップに、
ビールとオレンジジュース、コーラの3択。

ショーが始まると、それはもう、楽しかったです。
いかにもーなハデハデ衣装のダンスから、
b0058659_23564597.jpg

突っ立ったままの松田聖子のモノマネ、
b0058659_23571483.jpg

「ヨゴレ」のドタバタなどなど・・・
b0058659_2357157.jpg

時々オネーサンが客席まで来てくれたり、
集団で飴を客一人一人配りに来てくれたりと、
サービス精神満載でした。ええ。

でもね、ここのトイレはひどかったよ。
なぜかトイレの真ん中で洗濯機が回ってるし。
便座が超汚かったよ。
本当にタイ人は便座に立つのかしら・・・(ガイドブックより)
あと、「洗浄」用シャワーもついてて、びっくりした。

なんともバンコク1日目から、
濃い夜を過ごしてしまった私たちなのでした☆
b0058659_00473.jpg

[PR]
by londondays | 2007-01-03 23:57 | アジア旅行

タイに行ってきました。

タイのバンコクに行ってきちゃった。

楽しかったぁ~

なんせ暖かいしねぇ。
人もナイスだし。
食べ物も美味しいし。

と、言うわけで、これからバンコクの旅日記もアップしていきます☆


が、行ったばかりなので、バンコクの爆発テロには驚きました。
友達もいるので、不安です。
あの街が、街の人々が、傷つき、恐怖に震えたのかと思うと、心がつぶれる思いです。
許せませんね。
[PR]
by londondays | 2007-01-03 23:11 | アジア旅行